なんだかおもしろい

    『四月は君の嘘』第2話感想 「友人A」

    四月は君の嘘』第2話「友人A」感想まとめです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    『四月は君の嘘』第2話スタッフ情報

    シナリオ:吉岡たかを
    コンテ:イシグロキョウヘイ
    演出:原田孝宏
    作画監督:三木俊明 高瀬智章
    総作画監督:愛敬由紀子

    『四月は君の嘘』第2話あらすじ

    有馬公生たちを連れて、宮園かをりはコンサートホールへ向かう。そこではヴァイオリン部門のコンクールが行われていた。懐かしい匂いがするホールの空気を味わう公生。天才ピアニストと呼ばれていた公生のことに気づく観客も会場には多くいた。コンクールがはじまり、会場には緊張感が張りつめる。そして4番目にかをりの出番がやってきた。彼女が弾く『クロイツェル』は、ほかの出場者の演奏とは全く違うものだった。楽譜の指示に従わず、曲を自分のものにしてしまう。その彼女の姿は美しかった。演奏を終えたかをりは渡亮太のもとへ駆けていく。その光景はまるで映画のワンシーン。ヒーローとヒロインのラブシーンを横で見つめる、公生はさながら「友人A」の役を務めているような気分を味わうのだった。

    以下、ネットの反応・・・
    『四月は君の嘘』第2話感想1
    『四月は君の嘘』第2話感想2
    『四月は君の嘘』第2話感想3
    『四月は君の嘘』第2話感想4
    『四月は君の嘘』第2話感想5
    「もう一度…会いたいけど会いたくない」
    やっぱりかをちゃんの演奏シーンスゴいな
    音楽すごすぎ
    流石特集でするだけあってヴァイオリン描写ヌルヌル動いてたし、動きの再現度が異常だった
    いや〜第2話もよかったわぁ
    オジサンになかった青春時代を見せてくれる幻想アニメ
    まさにコンサートホールの姫だ!
    今週も早かった。描写が素敵です。
    あーボクも中学生時代にこれくらいセンスあるポエム言えるくらいの聡明さがあったらなぁ
    渡君は、ギャップがすさまじいキャラだな。
    今後の方針が気になる所。
    劇場でやって欲しい。
    しかし恋愛がこじれそうやなー
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2014年10月17日 15:27▼返信
    演奏シーン凄かった!!
    いい雰囲気のアニメですね!
    2 おもしろい名無しさん 2014年10月17日 16:16▼返信
    原作ハッピーエンドになってほしいわ~
    3 おもしろい名無しさん 2014年10月17日 22:50▼返信
    なぜにエコエコアザラク?(ちょっと吹いた)
    いい作品っぽいからできれば恋愛要素無しにして欲しかったな。
    演奏シーンは下手なバンドものよりカッコ良かった。
    4 おもしろい名無しさん 2014年10月18日 17:43▼返信
    >>3
    恋愛メインというか、展開は王道少年漫画モノやね
    ただラストがハッピーエンドで終わってくれればいいけど、どうもそうならなそうでね…
    5 おもしろい名無しさん 2014年10月18日 21:34▼返信
    ※4
    不安だったんでネタバレ覚悟で原作確認しようと思ったんだけど同時進行だったのね。頼むハッピーエンドにしてくれ。せっかくの良作そのへんでハラハラしたくない。

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)