なんだかおもしろい

    『四月は君の嘘』第8話感想 「響け」

    四月は君の嘘』第8話「響け」感想まとめです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    『四月は君の嘘』第8話スタッフ情報

    シナリオ:吉岡たかを
    コンテ:後藤圭二
    演出:高橋英俊
    作画監督:河合拓也
    総作画監督:愛敬由紀子

    『四月は君の嘘』第8話あらすじ

    コンクールの優勝候補である武士は2年間、公生を待っていた。公生のピアノに憧れ、より高みを目指して強靭な意志で研鑽を積んできたのだ。その想いをピアノにぶつける武士。その演奏は会場から万雷の拍手で称えられる。その演奏を聴き終え、静かにステージへ向かう絵見。彼女は幼い公生に憧れ、ピアニストになることを誓ったという過去があった。公生がいなくなってから目標を失い、ここ数年不安定な成績を上げていた。だが、公生と再会したこのコンクールで彼女は最高潮の演奏を披露する。感情の起伏が音楽のうねりとなって観客に訴えかける。観客席にいたかをりは、絵見の演奏に共感するのだった。

    以下、ネットの反応・・・
    『四月は君の嘘』第8話感想1
    『四月は君の嘘』第8話感想2
    『四月は君の嘘』第8話感想3
    『四月は君の嘘』第8話感想4
    最高だった
    ライバル組の演奏すごく良かった!
    やはりこの作品は過剰とも言えるモノローグあってこそだな。
    はやみんさんの、この、凛々しくもまるで恋する乙女の様なモノローグ…!
    私を見てる(意味深
    役者が揃ったな
    公正もこういう周りの温度に温められて、トラウマ乗り越えて完全に水の底から浮上して欲しいね
    演奏シーンのクオリティが素晴らしい
    待ち遠しくて溜息でちゃうねぇ
    さすが井川というだけあってやばい時はマジで手がつけられないレベルなんだなというのが分かってよかった
    次回がこのアニメが面白くなるかどうかの分岐点やな
    来週やっと有馬かー
    関連商品

    アニメ「四月は君の嘘」第1巻Blu-rayは2015年2月25日発売!

    【Amazon.co.jp限定】四月は君の嘘 1(完全生産限定版)(クリアブックマーカー付) [Blu-ray]

    原作「四月は君の嘘」第11巻オリジナルアニメーションDVD付属限定版が2015年5月15日発売!

    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2014年11月29日 11:35▼返信
    すごく良かったです。
    2 おもしろい名無しさん 2014年11月29日 18:03▼返信
    絵がちゃんとピアノの鍵盤弾いている…。
    アニメーター死ぬなよ。ちゃんと思いは届いておるぞ(笑
    3 おもしろい名無しさん 2014年11月29日 20:36▼返信
    響いた。
    4 おもしろい名無しさん 2014年12月03日 08:27▼返信
    こりゃ、ちょっとスゲーわ。
    描いてる人ブレーキ壊れてる(笑
    5 おもしろい名無しさん 2014年12月03日 22:10▼返信
    おもしろすぎる!

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)