なんだかおもしろい

    『四月は君の嘘』第13話感想 「愛の悲しみ」

    四月は君の嘘』第13話「愛の悲しみ」感想まとめです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    『四月は君の嘘』第13話スタッフ情報

    シナリオ:吉岡たかを
    コンテ:倉田綾子
    演出:倉田綾子
    作画監督:野々下いおり
    総作画監督:愛敬由紀子

    『四月は君の嘘』第13話あらすじ

    ガラコンサート本番当日、出番の時間を迎えたが、かをりが会場に現れなかったため、公生はひとりでステージに立った。 伴奏者であるはずの公生がひとりで現れるという奇妙な状況に、ざわめき出す会場。 そんな中、公生は亡き母が好きだった曲、クライスラー「愛の悲しみ」の演奏を始める。

    以下、ネットの反応・・・
    『四月は君の嘘』第13話感想1
    ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
    公生くんの演奏中の、「あの野郎!」て感じの笑顔で拳固める絵見ちゃんの可愛さな。
    それにしても結局、母親の呪縛から解放されることに関してヒロインはまったく絡まなかったな
    また来週も楽しみだーーー
    濃厚なAパートに比べてBパートあっという間に終わった…
    こっから先は泣くしかない…
    本当に綺麗なアニメ。
    漫画とアニメが同時完結って面白いよな、どうなるんだろう
    報われない幼馴染みとか、見てるとこうグッとくるものがある。
    今週話良いな
    声優さんの演技、映像、音楽、脚本、演出の全てが上手く合わさった、とても丁寧に作られていて素晴らしい回だった
    EDも超いい曲だよなー
    漫画とアニメが同時完結って面白いよな、どうなるんだろう
    関連商品

    アニメ「四月は君の嘘」第1巻Blu-rayは2015年2月25日発売!

    【Amazon.co.jp限定】四月は君の嘘 1(完全生産限定版)(クリアブックマーカー付) [Blu-ray]

    原作「四月は君の嘘」第11巻オリジナルアニメーションDVD付属限定版が2015年5月15日発売!

    話題のニュース
    四月は君の嘘(1)四月は君の嘘 Kindle版全巻
    新川直司

    講談社 2011-09-16
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2015年01月16日 17:35▼返信
    王道的ラブコメが丁寧に作られてて他の安易な萌え系ラブコメものより圧倒的に面白い
    2 おもしろい名無しさん 2015年01月16日 17:53▼返信
    この第13話大号泣した。
    呪縛から逃れるのが複雑な心境なのが痛く伝わってきた。
    今後も期待。
    3 おもしろい名無しさん 2015年01月16日 18:20▼返信
    この作品だけを毎週楽しみにしてる。
    4 おもしろい名無しさん 2015年01月16日 18:41▼返信
    やっぱりこの母親は好きになれなかったけど気持ちは分かるんだよな
    今更だけどこの言い方ならやっぱりかをちゃんは亡くなってしまったんだろうか
    とらドラとかもそうだっけ<アニメと同時に終了
    あれは最終回もほぼオリジナルだったが
    5 おもしろい名無しさん 2015年01月16日 20:08▼返信
    泣いた
    6 おもしろい名無しさん 2015年01月16日 22:35▼返信
    アニメで泣きそうなった・・・。
    綺麗で悲しい話やね。
    7 おもしろい名無しさん 2015年01月18日 17:24▼返信
    泣けた

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)