「シュタインズ・ゲート」作中登場の「ダイバージェンスメーター」の時計が30個限定で販売決定 貴重なニキシー管を使用した本格的な作り

    1

    11月19日に続編となる「STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)」が発売されるシュタゲシリーズですが、そのコンセプトリノベーションコラボ企画が株式会社朝日リビングと行われ、2015年10月1日より作中に登場する「ダイバージェンスメーター」型の時計を販売します。

    科学アドベンチャーシリーズ公式Twitterより

    元々は8月6日に「シュタインズ・ゲート」公式コラボ賃貸にてダイバージェンスメーター時計を標準整備として設置するというニュースを発信した際にファンからの反響が大きかったとのことで、公式コラボ賃貸物件だけでなく販売も行うことを決定。

    ニキシー管という入手困難な管を使用しているとのことで、限定30個での販売。10月1日(木)12時よりきばん本舗(http://kibanhonpo.shop-pro.jp/)にて販売がスタートするとのことです。

    時計機能やカレンダー機能はもちろん、β世界線数値表示モード&世界線表示モードを搭載し、さらに設定時間になるとニキシー管の数値が高速回転し1管ずつ静止するなどこだわりぬいた商品。価格はエクステンデットエディションが79,800円(税込)、スタンダードエディションが74,600円(税込)。非常に高価な商品ですが、「ダイバージェンスメーター時計欲しい!!」「ほしいなぁ」「欲しすぎるだろ………」「10万超えないのかこれ」「めっちゃほしい!wけどやっぱり高い…w」と非常に注目を集めています。

    STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱

    010年11月。世界線。 これは岡部倫太郎が、7月28日に“彼女”を救えないまま戻ってきた後の物語。 倫太郎は“彼女”への想いもタイムマシンへの情熱も封じこめ、ラボへもほとんど足を運ばず、ごく普通の大学生活を送るようになっていた。 そんなある時、大学のセミナーで一人の女性と出会う。 その女性の名前は比屋定真帆 (ひやじょうまほ) 。 “彼女”と同じヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所の研究員で、セミナーにて講演を行うレスキネン教授の助手として来日したのだった。 そのレスキネン教授が研究している『Amadeus』と呼ばれるシステムが、やがて自身を再び陰謀のはびこる世界へと導くことになるとは、このとき岡部はまだ知らなかった。 そう、そこに『彼女』は今もいる――

    コメント
    一言感想をどうぞ

    アニメ作品別 > シュタインズ・ゲートアニメネタ > アニメ・漫画グッズ

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2015年09月09日 18:21▼返信
    ほしいいww
    たけええええwww
    2 なんだかおもしろい名無しさん 2015年09月09日 18:40▼返信
    欲しいけどコレは高いw
    ヘタしたら全部転売ヤーにおさえられそうだな
    3 おもしろい名無しさん 2015年09月09日 23:58▼返信
    買っといたら、値段があがりそうだな
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事