zakuzaku911

    『それが声優!』第13話最終回感想 いい最終回、未来を感じさせるいい最終回でした!(ネタバレあり)

    それが声優!』第13話最終回感想まとめです。ネタバレを含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    以下、ネットの反応・・・
    1
    2
    3
    いい最終回だった
    いい作品だった
    うまく終わらせたな
    匂わしますなぁw
    リンちゃん変わりすぎィ!
    ゲスト声優さん達!
    最後に、本人枠、全員出てきた。
    いちごキャラ可愛くねえ・・・
    それが声優!終わっちゃったな~。もっと見たかった
    いいアニメだった
    これはハッピーエンドやろ!
    保留エンドw
    鈴ちゃんが成長しちゃった・・・
    今改めて1話とか2話とか見るとこの三人すっごい他人行儀
    2期のフラグはとりあえず立てていくスタイル
    有名声優総出演
    白箱といいアニメの裏側的なの面白いな
    とてもタメになる作品でした。
    イヤホンズの感動的なライブも、事務所の声優仕事としては「イヤホンズしかしてない」という扱い。それがこの作品だよなぁ。
    『それが声優!』第13話感想

    いい最終回だった。

    第1話から見てきて、声優の仕事の辛さを何度も何度も感じたんだけど、ラジオや声優ライブと成長していく双葉たちを見ていると、こっちも元気をもらえた。だけど、最終回は事務所の査定かー…と、最後に恐怖を強く感じた。圧迫面接…怖ェ!こんなんみんな泣くって!帰りたくなるって!だけど、あの気弱でオドオドしていた双葉が、面接でハキハキと話をする姿を見て、「ああ、自分もがんばらないとなー…」って思った。というかこれ思うしかないでしょ!

    いやー…素晴らしい回でした。保留?首の皮一枚つながっただけ?いや、今の双葉なら大丈夫でしょ!…そんな、未来を感じさせる最終回、素敵だと思います。楽しかったです。

    アンケート
    関連商品

    アニメ「それが声優」Blu-ray&DVD第1巻は9月30日発売(「それが声優」Blu-ray&DVD一覧はこちら

    それが声優!【Blu-ray 初回限定版 第1巻】
    佐々木政勝,あさのますみ,畑健二郎,横手美智子,GONZO
    価格: ¥ 5458
    OFF: ¥ 1,886 (26%)

    デビューしたての新人声優の一ノ瀬双葉。TVアニメ『仏戦士ボサツオン』のアフレコスタジオで、自分と同じ新人声優、萌咲いちごと小花鈴と出会う。この三人が声優ユニット『イヤホンズ』として、互いに力を合わせ時に様々な理由で互いの反発なども引き起こしながら、自分たちの声優活動を通して様々な困難に立ち向かっていく…。第1~2話を収録した初回限定版Blu-rayの第1巻。

    原作「それが声優!」第1巻から第3巻は発売中(一覧はこちら

    それが声優! (1)
    畑 健二郎,あさの ますみ,ローソンHMVエンタテイメント
    価格: ¥ 697

    コメント
    一言感想をどうぞ
    話題のニュース(外部リンク)
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 なんだかおもしろい名無しさん 2015年09月30日 09:03▼返信
    保留と言った時点でもそうだったけどトドメのラストシーンをやったのを見たら誰がどう見ても第2期やりますよ、というのしか見えないのがなあ
    折角イイ流れだったのがこういうラスト間際でやるから感動にストップが生じるのに
    ま、売れる売れない関係無しで第2期確定なのはまず言えるが
    2 おもしろい名無しさん 2015年09月30日 21:24▼返信
    かなりライトの書かれてたけど声優業界辛いとこやな
    プロダクションが声優集めてプロダクションの代紋で活動させて
    稼ぎそれをピンハネするわけだ
    稼げない声優は査定で落として次のと入れ替えか
    所属声優はプロダクションの声優活動以外の稼ぎでの上納金の有無
    プロダクションから声優側に声優の仕事が無ければ日当支給の有無とか知りたかった
    このシステムなら声優業界が飽和状態ってのもわかる気がする
    声優活動以外の稼ぎでの上納金あるなら良い商売だな
    3 おもしろい名無しさん 2015年10月01日 01:48▼返信
    二期やるにしても正直
    最後のライブ以外はマンネリ感あるよな。

    最初は緊張して上手くいかない→
    先輩声優登場して先輩あげあげ→
    先輩の言葉を思い出して今度は上手くいく

    っていうパターンの繰り返しやし。

    まあイチゴちゃんの意識の高さとメンタルは評価するわ。
    りんちゃんがヴィヴィオ化しててワロタw
    4 おもしろい名無しさん 2015年10月01日 13:41▼返信
    現実世界では、毎年1万人程度が「声優」業界に入ってくると言われているから、主人公の立ち位置というのは、友人同士の食事会でのセリフのとおり「何万分の1」の世界なんだよね。
    5 おもしろい名無しさん 2015年10月01日 20:35▼返信
    例え「何万分の1」の世界に選ばれてもそれが永続しないわけだしね
    作品に出てきた堀江女史 田村女史も現段階の勢いが決して強くないからね
    声優の努力云々でなく飽きられ後続がそれを追うの繰り返し

    他作品で申し訳ないが決してキャラスポットのあたりが強いワケでないけど
    シロバコの声優志望のキャラのが現実味あった気がします
    6 おもしろい名無しさん 2015年10月02日 12:10▼返信
    個人事業主扱いだから仕方ないよ。
    7 おもしろい名無しさん 2015年10月02日 12:18▼返信
    ※5

    でもさ、声優って生涯現役でやれる職でもあるんだよね。
    近年大御所声優さん達がお亡くなりになる一報を目にすることが多かっただけに、死ぬまで声優として現役でやれる職でもあるんだ、とも思った。

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事