ヘッドライン

『今際の国のアリス』ついに最終回!アリスたちを見てたら、自分も生きたくなったんだ(感想・ネタバレあり)


本日3月2日発売の週刊少年サンデー14号にて、麻生羽呂先生の漫画「今際の国のアリス」が最終回を迎えました。5年半にわたる長期連載作品が、ついに完結します。以下、ネタバレ注意。

<関連記事> 『今際の国のアリス』最終章ラスト2話!エピローグ突入で今までのことを思い出すと、いろいろと考えさせられる(ネタバレあり)

『今際の国のアリス』最終章ラスト3話!アニメ化もされたサンデー連載のサスペンスホラー、アリスたちはどうなってしまうのか…(感想・ネタバレあり)

『今際の国のアリス』最終回感想(ネタバレあり)

感涙。

もうね、2話3話前くらいが実質の最終回だと思うので、前回と今回の最終回はエピローグ的な、みんなどうなっていくのかが描かれるのかな…っていう気持ちでいっぱいでした。「あなたはなぜ○○○○○○○○○○○○?」という問い…すごく考えさせられたしメッチャ自分で考えたけど全然思いつかなくてさ…たぶんこれ、一生考えることなんだろうなぁーって自分では思った…ああでも今際の国の住人たちは、すぐ答えられるかもしれないね…。ちなみに○の部分は下に白文字で書いておくので、気になる人はチェックしてね。

あなたはなぜ生きていると思いますか?

自分はこの作品と出会ったのは結構終盤からだったりします。「どくぼう」あたりからです。なので松下苑治とかメッチャ好きだし、ミツルギさんとカリヤさんのかっけェ展開…からの死亡コースにはビビビと来ましたよ。おいおい主人公ってミツルギさんじゃなかったのかよおおおおおおおおおおおおって。とまあ気になって一気にね、1巻に手をつけて読んだわけですよ。まあ面白いのなんのって。絶望しかないのなんのって。

でもやっぱり読んでて好きなのは♥J回で、セールストーク好きなアイゼンさんとか、うぜェミノーとかウルミとかまさに「人間」って感じが好きだったし、凡人で悩みに悩んでげぇむおおばぁになったイッペーと自分を重ねたりして、いろいろと考えさせられたね。あの回は「今際の国のアリス」の中でも異質で、主人公もいなければ主人公の仲間もいなくて、ホントハラハラしました。…ミツルギさんには生きていてホシカッター…

そんなわけで非常に楽しく読ませていただいた「今際の国のアリス」。絶望&絶望…だけどそこから見える希望に向かって進み続けるアリスたちを見ていると、こっちも元気になれました。完結して寂しい気持ちもあるけど、今後がんばろうって思えるような展開で今気持ちスッキリ爽やかしてます。マジ、1巻2巻3巻あたり読んでたときは絶望しかなかったからね…

ありがとうございました「今際の国のアリス」。次回作も非常に楽しみにしています。

「げぇむ」を「くりあ」しないと死ぬ世界「今際の国」。 「ねくすとすてぇじ」に入り「ぷれいやぁ」達が 破竹の快進撃を続ける中、「げぇむ」を降りたアリス。 「だいやのきんぐ」との戦いを経て、変化し始めるチシヤ。 残り少ない命の中、彷徨うニラギ。 因縁深い3人が集まり、「えきしびじょんげぇむ」 「ばとるろいやる」が開始――!! そして、最後に立っていた男は、いよいよ最後の「げぇむ」会場へ!! いったい何が待ち受けるのか…!?

やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…「呪法解禁!!ハイド&クローサー」の麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!

コメント
一言感想をどうぞ
話題のニュース(外部リンク)
漫画 > サンデー漫画 > 漫画感想

本日のニュース

コメント

1 おもしろい名無しさん 2016年03月02日 22:16 ID:SLoGctup0 ▽返信▽

インタビュー長いなと思ったけど「人数が(アリス入れて)52人でトランプと合わせているのでは」という意見でなるほどと思った
好きな作品だからここで感想扱ってて嬉しかったですよー

2 おもしろい名無しさん 2016年03月02日 22:29 ID:EKah82CS0 ▽返信▽

数年前本屋で見かけ、サンデー本誌で番外編やってて面白かったので思わず全巻衝動買いしてしまった。そして「ねくすとすてぇじ」本当に面白かった。だからこう言いたい。
こんな終わり方全っ然納得できないんですけど!

3 竹丸 2016年03月02日 22:30 ID:TZHKJQoj0 ▽返信▽

今際の国のアリス・語り部
なんだかおもしろいさんも、もっと早くこの作品にあえていたらもっと印象が違ったと思います。私がそうですから・・。
この作品をよんでわかることは、誰よりも主人公がこうであって欲しいとねがわずにいられなかった麻生先生の切実な願いだったと思います。
最終回の感想もよかったですよ。

4 竹丸 2016年03月02日 22:33 ID:TZHKJQoj0 ▽返信▽

今際の国のアリス・今際の国の真実
マヒルが言うように、選んでいたんでしょうね。いかに今際の国で「順応」できる人間を、何のためかはわかりませんが・・・。

5 おもしろい名無しさん 2016年03月02日 22:35 ID:EKah82CS0 ▽返信▽

キューマの死に様に感動し、♥Jの正体に驚き、シーラビの素顔と苦しみに泣き、ヘタレなドードーがアグニとヘイヤのために戦い2人に助けられ3人で「くりあ」したのにアグニにしかビザが発行されなかったときの絶望と、残す「げぇむ」があとひとつという希望に驚き、クズリューの葛藤と最後の安らかな顔に切なくなり、信じてはいけないのにミラの言葉に騙され、敗れそうなアリスのために命を張ったウサギに死なないでくれと心から願い、再び立ち上がったアリスに負けたと分かりながら最後まで戦ったミラの姿と本心に敬服した。マジで面白かった。

6 おもしろい名無しさん 2016年03月02日 22:36 ID:EKah82CS0 ▽返信▽

結局、今際の国ってなんだったんだろう?

7 なんだかおもしろい名無しさん 2016年03月02日 22:58 ID:NsDh9xVv0 ▽返信▽

無理かもしれなかったけど、4種全部の「げぇむ」を見たかった。 せめて12枚の絵札の「げぇむ」 だけでも・・・

8 おもしろい名無しさん 2016年03月02日 23:01 ID:yAqaOGcZ0 ▽返信▽

京都の方はどうなるのかね

9 おもしろい名無しさん 2016年03月03日 00:13 ID:3yqeGXtS0 ▽返信▽

個人的には最終回イマイチだったなぁ。らしい最終回ではあったけど見たかった後日談がハッキリと見れなかったからだな。
単行本で書き下ろしあるとええけどなぁ

10 おもしろい名無しさん 2016年03月03日 15:21 ID:hWZ8dhcS0 ▽返信▽

米7
絵札除いて同一難度、同一スートでも全く別ゲームが存在する可能性が高いから全種かくのは無理でしょ

というか国民になって一番大変なのが10種の難易度のゲームをネクストステージまでずっと作り続けることな気がする

11 おもしろい名無しさん 2016年03月14日 16:00 ID:IoYHO.UM0 ▽返信▽

ハートのKがいつの間にか落ちてたのが一番面白かった
いくら元ネタ的にハートのQの方が大事と言えどもっと見せ方あると思うが
でもやっぱジョーカーとやらねえで球遊びで終わりってのは締まらんな
ライアーゲームも最後がクソゲーで萎えたが

12 おもしろい名無しさん 2016年03月16日 23:30 ID:8Whb.PcN0 ▽返信▽

全ての「げぇむ」を「くりあ」したアリス達が、今際の国の真実を知って、今際の国の国民になり、次の「ふぁすとすてぇじ」を勝ち抜いた「ぷれいやぁ」と対決する(サンデー本誌に移った時のカラーのメンバーとヤバとバンダを合わせると12人になるから)。
そんな最終回を予想してました。

13 おもしろい名無しさん 2016年03月20日 00:58 ID:ICIWDOgJ0 ▽返信▽

※12
「くらぶのK」=アリス 「くらぶのQ」=ヘイヤ 「くらぶのJ」=ドードー
「だいやのK」=チシヤ 「だいやのQ」=アン 「だいやのJ」=ニラギ
「すぺえどのK」=アグニ 「すぺえどのQ」=クイナ 「すぺえどのJ」=マヒル
「はあとのK」=ヤバ、「はあとのQ」=ウサギ、「はあとのJ」=バンダ
こんな感じ?
アリスとドードーは「はあと」型だけどヤバとバンダがいるし、ヤバは「きんぐ」以外やらなさそうだし、バンダは刑務所繋がりで。
一番迷ったのがウサギとマヒル。ウサギは「すぺえど」型だけどクイナとヘイヤがいるし、それなら「はあとのQ」に参加したから「はあとのQ」に。マヒルは本当は実力的に「くらぶのK」かもしれないけど、アリスとドードーは「すぺえどのJ」は無理そうだし。ぶっちゃけ消去法で。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
(こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

最新人気記事

    スポンサードリンク
    リツイートの多い記事
    • ライブドアブログ