愛知教育大学で「化物語」使った授業!作品を分析し研究発表を行う

    1

    愛知教育大学の授業で、「化物語(上)」を主な題材とした「現代日本文学研究」の授業が行われます。かつて「ソードアート・オンライン」を題材にして話題となった広瀬正浩さんが担当教員の授業です。

    20160407_195352

    授業は全部で15回。ガイダンスや発表の仕方・研究方法についての確認から始まり、第5回目から本格的に「化物語」の授業がスタート。「①作品の読解・問題点の抽出、②調査・分析・考察、②研究発表、③質問や意見の聴取によるテーマの絞り込み、④テーマについての再考察」と小説を分析する授業となっていて、学生が第三話までを研究発表していくのがメインみたいです。

    業物語 (講談社BOX)
    西尾 維新,VOFAN
    コメント
    一言感想をどうぞ
    関連リンク
    話題のニュース(外部リンク)

    アニメ作品別 > 物語シリーズ

    本日のニュース

    コメント

    1 なんだかおもしろい名無しさん 2016年04月07日 21:03▼返信
    受けたい
    2 なんだかおもしろい名無しさん 2016年04月07日 22:04▼返信
    教育大だからまだいいが国立大学でこのレベルの議論かよ
    3 おもしろい名無しさん 2016年04月08日 10:39▼返信
    文系は、良いなぁこういうのが研究として論文作成の対象になるんだから。
    シラバスが出てるからある程度は予想できるし、この講義を受けた学生の反応なんかを論文にまとめて発表して実績にしちゃうんだろうなぁ。
    4 おもしろい名無しさん 2016年04月08日 10:50▼返信
    第3話までということは、ガハラさんとの出会いから恋人になってガハラさんのお父さん運転の車で連れて行ってもらったある場所の夜の草むらでチュッチュするまでか。
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事