なんだかおもしろい

    『ふらいんぐうぃっち』第11話、第12話最終回感想 田舎の日常、今日でラスト…最後まで癒されました(ネタバレあり)

    アニメ『ふらいんぐうぃっち』第11話「くじら、空をとぶ」、第12話「魔女のローブと日々は十人十色」感想まとめです。ネタバレを含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    『ふらいんぐうぃっち』第11話あらすじ

    ある日の早朝。魔女の世界の新聞を読んでいた茜は、空飛ぶくじらが近くを飛んでいるという記事を目にする。くじらに興味を持った真琴と千夏を連れ、3人はくじらが飛んでいる場所を目指す。見事くじらを見つけた真琴、千夏、茜の3人だったが、茜が次はくじらに乗ってみようと言いだして…。 空飛ぶくじらの上で杏子と出会った真琴たちは、杏子を連れて倉本家へ戻る。そしてみんなで朝食としてホットケーキを食べることに。

    『ふらいんぐうぃっち』第12話最終回あらすじ

    魔女の道具の手入れをしていた真琴。すると、中学生時代に自作したローブが見つかる。ボロボロになってしまったローブを新しく作り直そうと考えた真琴は、街にある布屋まで行くことに。真琴がお店で布を選んでいると、チトがある提案をする。 その夜。買って来た布で真琴が自分のローブを仕立てていると、酔っ払った茜が帰ってくる。茜に連れられて真琴が縁側に出ると、そこには不思議な生き物が姿を見せていて…。

    『ふらいんぐうぃっち』第11話、第12話最終回感想(ネタバレあり)1
    『ふらいんぐうぃっち』第11話、第12話最終回感想(ネタバレあり)3
    『ふらいんぐうぃっち』第11話、第12話最終回感想(ネタバレあり)4
    『ふらいんぐうぃっち』第11話、第12話最終回感想(ネタバレあり)2

    『ふらいんぐうぃっち』第11話、第12話感想

    ありがとうございました、魔法少女系で日常系アニメ「ふらいんぐうぃっち」…。

    第11話は、空を飛ぶ巨大なくじらに乗るという展開。空飛ぶくじらっていったら、国語の教科書に出てた…なんだっけ?スイミーじゃなくて、あれあれ…アカン、名前が出てこない。…まあいいか。…で、茜たちがくじらに乗り込んだあとは、途中で出会った杏子と一緒にホットケーキを食べるっていう展開に。ホント、癒されますわ…ホットケーキ食べたいすね…。

    第12話、最終回なんだけどそれほど最終回らしさを感じない、いつも通りの展開だったと思います。まああえていうなら、千夏ちゃんかわいい、茜さん酔っ払いかわいい、ローブって最高だよね!…まあそんなわけで、最終回を迎えた感じがしないまま終わった感じだったので、見終わってちょっと経ってから「ああ終わったんだね…」としんみり感じてしまいました。

    「ふらいんぐうぃっち」は第1話がスタートしたときから、田舎を中心にのんびりとまったりとした空間の流れるアニメで、結構食いつくように見ていました。ちなみに舞台は青森で、自分は青森と縁はない…ということもなくって、ねぶた祭りに跳人で参加したことがありますし、結構ガチで青森市内に住むこと考えてて物件探しとか保健所でお話聞きに行ったりしてました。まあ、青森市のほうですけどね…。

    まあそんなわけで、ちょっと昔のことを思い出しながら、楽しむことができました。ありがとうございました。

    以下、ネットの反応・・・
    日常終了のお知らせ
    いい最終回だった!
    ねぷた祭り参加したいね
    もう最終回とか噓でしょ…
    素晴らしいアニメでした いいアニメでした
    のほほんとした、田舎アニメ最高でした
    4巻までしか出てないのにこれで3巻と4巻の半分までアニメ化しちゃったし、2期やるのはいつになることやら
    2期を熱望したいんですけど単行本がまだ全然出てないから…
    これぞ日常!っていうアニメでした 最高

    <関連記事>
    『ふらいんぐうぃっち』第10話感想 ただただ「いいなぁ」って。(ネタバレあり)

    アンケート
    関連商品

    「ふらいんぐうぃっち」Blu-ray&DVD一覧はこちら

    高校入学をすることになった、木幡真琴は一人前の魔女になるために黒猫のチトと一緒に青森の親戚の家へ引っ越す。時折起こるちょっと不思議な出来事と魔女の修行と…青森でのまったり生活が始まる。Blu-ray版のVol.1。

    木幡真琴(こわた・まこと)、15歳。青森で魔女はじめました。――黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、またいとこの圭(けい)や千夏(ちなつ)たちと毎日げんきに暮らしてます。

    話題のニュース(外部リンク)
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 09:55▼返信
    くまみこと違って脚本の赤尾でこがキチンと仕事して驚いた
    くまみこの2期は絶望的だがふらいんぐうぃっちは円盤次第で2期あるな
    2 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 10:07▼返信
    正しい日常系だったわ
    でも原作ストックがほとんどないし進みも遅いから二期はちょっと難しそうやな
    OVAはあるかも
    3 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 13:41▼返信
    1週ずつまったり見たかった。
    4 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 16:24▼返信
    地元(制作局)が最終回まだ見れんってのはなぁ(泣)
    ついネットとかで情報拾っちゃうじゃないか。

    とはいえ、きちんと雰囲気維持したまま完走してくれて感謝です。
    さあ次はねぷたの準備だな、地元的(俺的)には。
    5 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 16:25▼返信
    食べるシーンのほんとうに美味しそうなところがいい味だしてる
    料理アニメも見習ってほしいと思う
    6 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 16:35▼返信
    一貫してすばらしい作品だったわ。
    時間帯がマニアックすぎてあんまり注目されなかったのがもったいない。
    7 おもしろい名無しさん 2016年06月26日 16:44▼返信
    これほど好きになった作品は他にないくらい
    最高だった
    8 おもしろい名無しさん 2016年06月27日 00:23▼返信
    九州には夏目があり、
    東北にはふらいんぐうぃっちがある。

    それくらい定番化しそうな、素晴らしく折り目正しい情緒深い日常系王道アニメだった。
    何より美しい。夏目くらいのゆったりペースでアニメ化してほしい。
    9 おもしろい名無しさん 2016年06月29日 00:27▼返信
    予想外に面白かった。
    スタッフありがとう。
    お疲れ様でした。
    美味いもんでも食って休んでくれ。

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)