『喧嘩稼業』第68話感想なんだけどそれは悪手ゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』第68話感想(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』管理人の感想です。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    <関連記事>
    『喧嘩稼業』第67話感想なんだけど正直こんなん叫ぶしかねェってこの展開ィ!(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』第68話感想(ネタバレあり)1

    正直、これほど喧嘩稼業…いや喧嘩商売のときを含めても、これほど次回の展開が気になったことがなかった。これまでこれほどまでにヤンマガを熱望したことはないッッ!

    この時点で断言しますが…今マカオで行われている陰陽トーナメントは1回戦ではありません。これ決勝戦です。田島彬と戦うチャンスのあるこのトーナメント、誰もが田島を倒すため…空気読めねェ反町あたりは「田島誰それ?」って思ってるでしょう。…その中で誰よりも田島を思っている、実質主人公と言ってもいい入江文学こと文さんと、経歴が最も謎だったのに最近になって「実は田島兄なんすよ」と衝撃のカミングアウトされてもうこっちが記憶喪失になっちまうんじゃないかってパニクった相手の櫻井裕章との戦い。

    戦いにおいては、櫻井が終始優勢。だけど決まればもう逃げられない煉獄がうまく決まり、ここからどういう展開になるのか…というところで第67話が終了したのです。この展開から次回気になるでしょオイ!

    …個人的には煉獄をできるだけやり続けるのがベストだと思ったんですけど、防御に徹した櫻井のことを考えると、文さんの体力がヤバイ。…で、そうなったときの対策として、「煉獄→金剛」「煉獄→高山」など富田流の技を組み合わせた作戦を予定していました。…その案に、十兵衛はファールカップの横に引っ掛けて頭突きして、そして睾丸を握りつぶすという作戦も加わって…。

    3つのうち2つがお○○○○握る作戦という、怖ろしいことになっとりますが、これが成功すれば文さんの勝利は間違いないはず。

    …だが何だろうか…絶対に抜け出せない技として生まれた煉獄に、新たな技を加えること自体に問題があるんじゃないかと思ってしまった。そして、相手のバックグラウンドを考えたら…

    『喧嘩稼業』第68話感想(ネタバレあり)2

    骨掛け

    やっちまったあああああああああああああああ!そうだよそうなんだよこの感じ…琉球空手をベースにしていたことを考えれば、お○○○○はダメなんだって!掴めないんだって!掴め…ああ、これは致命的なミスだ…骨掛けされることを考慮していなかった、ミスだ…。もうこれで、文さんの勝利が…

    『喧嘩稼業』第68話感想(ネタバレあり)3

    !?

    防御に徹していた櫻井だったけど、ダメージ大きいやないか!?文さんも倒されているけど櫻井も倒れている!…まだ勝負は分からない…これは勝てる、勝てるぞ文さん!文さんならこの勝負、勝てるかもしれんぞ!?

    『喧嘩稼業』第68話感想(ネタバレあり)4『喧嘩稼業』第68話感想(ネタバレあり)5

    息吹で立ち上がれるまで櫻井はまだ見せていなかった龍の技(シカップ・ナガ)を披露、そして文さんは腰を低くした構え。…龍と虎の戦い、くしくも、梶原さんと文さんの命をかけた戦いが、ここで再現されることになるとは…。

    …お願いします木多先生。隔週になったことはもう納得してますしそれで全然OKですので、2週間後のヤンマガ、マジで掲載お願いします。もうあなたがいないと、私は生きていけません…。

    喧嘩稼業(7) (ヤングマガジンコミックス)

    陰陽トーナメント第二試合、抱えきれぬほどの悪巧みを携えて佐藤十兵衛、待望のリングイン!! 対するは日本拳法・佐川徳夫――。弛まぬ鍛錬に磨かれたこの天才は、人心を看破する洞察力を併せ持つ。歴然たる“本物”の才能を相手に、悪童・十兵衛の罠は通用するか――!?

    「最強の格闘技は何か!?」誰もが知りたかったこの命題に、今、答えが示される―――!! “我こそが最強”と名乗りを上げた16人の格闘家によるビッグイベント……その名は“陰陽トーナメント”!! ……そこに出たくて出たくて仕方ない日本一かわいくて強い高校生・佐藤十兵衛が、トーナメント出場権、強奪させていただきます♪

    漫画ネタ > 漫画感想・レビューマガジン・ヤンマガ系 > 喧嘩稼業・喧嘩商売

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2016年10月24日 23:25▼返信
    間違いなくヤンマガ、いや今一番面白い漫画
    2 おもしろい名無しさん 2016年10月25日 03:17▼返信
    龍虎で対峙した
    痺れる
    3 おもしろい名無しさん 2016年10月25日 07:07▼返信
    櫻井のタフネスが石橋超えてる件について…
    制服着てる+水吸ったズボン状態の十兵衛の煉獄で気絶と拾い直し食らったのに…
    途中から防御に徹したとはいお、壁際での蹴り多めな文さんの煉獄でオチ無いのはどうなってんだ
    4 おもしろい名無しさん 2016年10月25日 09:24▼返信
    防御に徹した筋肉の鎧着た櫻井の防御力でも大ダメージ負わせてるのが興奮するんだろうが!
    5 おもしろい名無しさん 2016年10月25日 21:51▼返信
    何せ、木製の椅子で力一杯、近接格闘者が殴ったら、椅子だけ壊れる頑丈さだもね
    6 おもしろい名無しさん 2016年10月28日 21:07▼返信
    もうね、この試合が凄すぎて後の試合のことは想像もつかない…。文さんの「動け!!!死ぬんだぞ!!!!!」のとこでは泣きそうになった。次のページ視るのが怖かった…。
    ヨシフってば、なんかイラッとさせる櫻井さんに勘違いさせるような物言いをしたのはオマエじゃあー!!って言いたい。でも今後、こやつがアンダーグラウンドでの十兵衛ちゃんのマネージャーになるかもよ?と思うとフクザツな心境になる
    文さん…凄すぎて、却って心配だな。この試合の内容全てが十兵衛ちゃんの血となり肉となり、精神的な支えとなるような命懸けの凄惨さだもの…。
    もしも、もしも、文さんが負けてしまったとき…文さんさんは千切った耳に再起を誓う?誓うことが出来る?…この試合が凄すぎて、後の試合がつまらなく感じてしまいそうでなんだかこわいよ。
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事