なんだかおもしろい

      『終末のハーレム』第12話で新章開幕!新キャラ、神谷花蓮ちゃんの運命は…(ネタバレあり)

      『終末のハーレム』第12話(ネタバレあり)1

      話題の少年ジャンプ+で連載スタートした近未来サスペンス「終末のハーレム」最新話が公開されました。以下、感想レビューです。

      <関連記事>
      『終末のハーレム』第11話で水原は進む!そして次は新章…新章が楽しみで仕方ねェ!(ネタバレあり)

      新章開幕。というわけで、PCで見たらいきなりの専属担当官のすべてが丸見え状態でテンション上がるわけなんですけども、展開としては男性だけを殺害するウイルスが蔓延する前の話。

      Q'sという声優アイドルが大好きな、ドジイと呼ばれるメガネの少年・土井。学校で友達がイジメられているのを助けたことから、自分がイジメの対象になってしまったみたいで…。そんな彼には、ピアノの家庭教師?がいた…。

      『終末のハーレム』第12話(ネタバレあり)2

      先生は土井のことを心から優しく接してくれる、すごく素敵な女性。彼女がいれば、きっと土井も救われていただろう。でも運命は残酷なのか、むしろ幸運なのか、土井は細胞硬化症になって…。

      とにかく女の子と全力で子作りしちゃってるナンバー1・火野と、子作りはしねェ!ウイルスの特効薬作るんだと意気込んだナンバー2で主人公の水原。そしてナンバー3と思われる土井。過去話しかまだ描かれていないので詳しいことは分からないけども、おそらく彼はイジメられていた経験から、人付き合いが苦手のはず。女の子に抵抗を感じているだろうし、そもそも人を見下しているところもある。それじゃあ女の子と子作りなんて、できないできない…。でも水原と違うのは、きっとそういうのしたいと思っているはず。

      ...つまりアレだ、彼は先生一筋になりそうだから、先生との子作りを楽しめそうだ!ナンバー3の直属担当官として選ばれた神谷花蓮…は、ホント申し訳ないと思いつつも…かませ犬扱いされる様子を見ることになりそうだ。そんな光景を見てこっちがニヤニヤしそうだ。いいかませっぷり、よろしくお願いしますよ!

      【デジタル版限定! デジタル着色により“メイティングシーン”のみフルカラー!!】時は2040年。難病に侵された青年・怜人は幼馴染の絵理沙と再会を誓い、病を治すためコールドスリープする。そして5年後――。目覚めた怜人を待っていたのは99.9%の男が死滅し50億人の女性が生きる世界だった…! 近未来エロティックサスペンス開幕!

      中の人のつぶやきはこちら!


      一言感想をどうぞ


      関連リンク
      話題のニュース(外部リンク)
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2016年10月30日 08:20▼返信
      前もそうだった気がするけど更新されてすぐはマッパの状態なのかな?
      何も着てなかった人が今見てみたらちゃんと服着てた
      2 おもしろい名無しさん 2016年10月30日 08:40▼返信
      ↑脱げてたよ。
      カラーページだけ脱げてた。
      そして、今週の見所はそれだけだった。
      ピアノの先生も脱がんし。
      はーつっかえ
      3 おもしろい名無しさん 2016年10月30日 21:53▼返信
      先生いい身体してるわ
      同級生の女の子がキーマンになるのかな?
      4 おもしろい名無しさん 2016年10月31日 14:18▼返信
      あーこういう人物背景を書き込んでくれると
      この先生のNTR展開でも、土井君が独占でもどっちに進んでも良い感じになる

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)