『喧嘩稼業』第69話感想 まさかの試合展開に心からの「fin.」(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』管理人の感想です。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    <関連記事>
    『喧嘩稼業』第68話感想なんだけどそれは悪手ゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』第69話感想(ネタバレあり)1

    久しぶりの「喧嘩稼業」掲載でお昼休みはウキウキウォッチング~って思ってたらそういえば10代目いいとも青年隊とのWit○ Tって今何してるんだろうって思っちゃって思っちゃって、東京ではちょっと小雨の2016年11月14日だけど気分上々まさにmihim○○u GT状態だと思ってたのですが…

    ああああああああああ!!!

    昼に文さんと櫻井の戦いを確認してから、割と真面目に落ち込んでました。マジかよこの展開…いや、実質決勝戦といってもいいこの組み合わせで、こうなるのは間違いなかったはずなのに…。

    龍と虎の戦い。櫻井は龍の技(シカップ・ナガ)で身体を大きく見せるような構えをして、文さんはかつて梶原さんを倒したときのような腰を低くした構えで挑む。

    最近スタイリッシュな髪型にしてて「こんなヤツいたっけ?」と思いながらもスルーしてたけど解説がとっても上手なので注目せざるをえない男・里見賢治曰く、龍の技は上下からの攻撃が基本らしい。上から手刀、ガードしてきたら下からアッパーもしくは道着を掴んだりして…つまりは先手攻撃になりながらも2手目もちゃんと考えている技だ。

    個人的管理人の意見としては、剣道でも上段の構えが存在していて、この構えをするには部長クラスでないと絶対にやってはいけない(という空気があった)ので絶対に試合ではさせてもらえなかったんだけれど、上段からの攻撃って強いんですよ。格闘技であれば、ガードしたら2手目を受けなきゃいけないし、ガードしなかったら威力ある上段攻撃でダメージを追う…。なので避ける構えがいいんじゃないかなって思ったんだけど、文さんは最初に下からの攻撃と上からの肘打ちをさせないためにしゃがんだみたいで…アカン、不安しかない。

    かつてアンダーグラウンドで、強者2人を倒した脅威の技…文さん、大丈夫なのか…

    『喧嘩稼業』第69話感想(ネタバレあり)2

    よし!1手目ガードだ!…そして2手目もうまいこと防いだ!これなら…

    『喧嘩稼業』第69話感想(ネタバレあり)3

    アレ、おかしいな…文さんの左腕が、変な方向に曲がって…

    おいちょっと待て!

    いや…いやこれ、これもう…これもう致命的なダメージじゃないかよ…もうこれ、勝敗が…勝敗が決まってしまったんじゃ…

    fin.

    喧嘩稼業(7) (ヤングマガジンコミックス)

    陰陽トーナメント第二試合、抱えきれぬほどの悪巧みを携えて佐藤十兵衛、待望のリングイン!! 対するは日本拳法・佐川徳夫――。弛まぬ鍛錬に磨かれたこの天才は、人心を看破する洞察力を併せ持つ。歴然たる“本物”の才能を相手に、悪童・十兵衛の罠は通用するか――!?

    「最強の格闘技は何か!?」誰もが知りたかったこの命題に、今、答えが示される―――!! “我こそが最強”と名乗りを上げた16人の格闘家によるビッグイベント……その名は“陰陽トーナメント”!! ……そこに出たくて出たくて仕方ない日本一かわいくて強い高校生・佐藤十兵衛が、トーナメント出場権、強奪させていただきます♪

    漫画ネタ > 漫画感想・レビューマガジン・ヤンマガ系 > 喧嘩稼業・喧嘩商売

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2016年11月14日 22:43▼返信
    文さん応援してたけどコリャもうダメだ...
    ワンデートーナメントでどのみち次の試合戦えないし
    しんだり致命的な障害が残るのは見たくないからもう降参でいいよ...
    2 おもしろい名無しさん 2016年11月14日 22:52▼返信
    すげーうぜーーーーーーーーーー
    ア.ホなのは知ってるけどフォントの大きさの限度を知れよカ.ス
    3 おもしろい名無しさん 2016年11月14日 23:08▼返信
    たしかに最近のアホの一つ覚えみたいなデカ文字多用ほんとひで
    スクロールうざいねん
    4 おもしろい名無しさん 2016年11月14日 23:10▼返信
    喧嘩稼業?が何かは知らないけど、左腕のない忍者が片手で使える技なんて星の数ほどあるって言ってたから大丈夫ですよ(^_^)v
    5 おもしろい名無しさん 2016年11月14日 23:30▼返信
    ※3
    さすがにやり過ぎだね。
    6 管理人 2016年11月14日 23:45▼返信
    文字サイズを変更しました。失礼しました。
    7 おもしろい名無しさん 2016年11月15日 00:12▼返信
    あああああああああああああああああ
    マジで今回こんな感想だわ
    いや大丈夫まだ無極がある無極がああああああああ
    8 おもしろい名無しさん 2016年11月16日 22:55▼返信
    左の攻撃を防いだくだりがないから見た人が勘違いしかねない。ノリもウザいっす
    9 おもしろい名無しさん 2016年11月17日 03:18▼返信
    いつも楽しみにしてるけど、ワクワクしながら待ってるけど、読み始めるとツラい。文さんの攻撃がことごとく破られる、と同時にこっぴどい反撃で壊されていくからね。文さんは決して弱くない。文さんはちょっとアレだけど、めっちゃ強い。櫻井さんがおかしいんだよ…きっと。
    今回の櫻井さんの話で感じたことは、記憶障害になっていなかったとしたら…ここまで強くはなれないのでは?てこと。記憶障害にかかる以前のことはちゃんと覚えているから、条件反射でとる構えの意味はわかる。後はそれを実行するだけ…の繰返しが勝利をもたらす。その技を使った過去の試合における"余分な情報"は時として隙を作るから不要だもんね。
    田島さんは櫻井さんの強さに満足してるけど、彼の"強さの秘訣"を知っているからこのスタイルでの対戦を仕組んだトーナメントを開催したのかな?と思ってみたり…。櫻井さんの記憶は72時間しかもたないから。でも、文さんの執念が櫻井さんの"強さ"に微かな翳りを与えるかもよ?櫻井さん、「忘れたくない」て…願ったからね。この戦いのことも、文さんのことも、忘れたくない、と。
    ところで…梶原さんが脚を工藤戦で傷めたとき、作者さんも同じような怪我をしちゃったけど…今回は大丈夫!だよね。文さんの怪我、腕だから…超不安
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事