なんだかおもしろい

    『終末のハーレム』第14話前編感想 誰がどう見ても天国、でも一歩間違えれば地獄にもなる(ネタバレあり)

    50

    近未来サスペンス「終末のハーレム」最新話が公開されました。以下、感想レビューです。

    <関連記事>
    『終末のハーレム』第13話感想 こんな世界って、どうなんだろ?(ネタバレあり)

    15

    「終末のハーレム」のおかげというべきか、せいというべきか、妹という存在は素晴らしいなと感じる私です。いや正確には、兄や姉のことを思う妹という存在が、最高に素晴らしい。…なので、ドジイこと土井は女性にいじめられていたかもしれないけど、勝ち組に感じてしまうのは自分だけでしょうか。

    ただ、コールドスリープから復活し、男が5人しかいない世界となると話は別。お世話係としていきなり美少女が相手してくれるのは、いじめられていた男の子としては、ビクビクしてしまう。さらに心の拠り所といってもいい妹は、どういうわけか連絡が取れない。世界情勢が複雑だから、アメリカにいる母と妹とは通信制限されているとか…。さらに行動は学校のみ許されているので、実質監禁状態といっていい。そしてコールドスリープしていたといっても、実年齢は23歳…で、彼がやるのは学生生活…そしてその学生生活では…

    27

    アカン、ちょっとこれ辛いぞ。ハーレム生活がうらやましいとは思うけれども、いじめられてた経験のある土井が、この女子オンリー学生生活に耐えられるとは…。

    おそらく、ここにいる女の子たちは、彼のことを狙っているに違いない。なので態度も「ねぇ〜楽しいことしない♡」みたいなこと言ってくるに違い。そして彼は強引に、そして彼は一皮向けて、強固な黒地蔵へと進化する…。

    とまあ彼が開き直ってガツガツやっちゃうようになるのか、それともこんな状況でも馴染めず辛い想いするのかは分からない。…そんな彼に自分がアドバイスできるとしたら…エ◯オス飲みまくれば気分よくなるかもよ!

    ジャンプコミックスDIGITAL「終末のハーレム セミカラー版」2巻、12月31日配信スタート!!

    【デジタル版限定! デジタル着色により“メイティングシーン”のみフルカラー!!】時は2040年。難病に侵された青年・怜人は幼馴染の絵理沙と再会を誓い、病を治すためコールドスリープする。そして5年後――。目覚めた怜人を待っていたのは99.9%の男が死滅し50億人の女性が生きる世界だった…! 近未来エロティックサスペンス開幕!

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース(外部リンク)
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2016年11月27日 10:05▼返信
    ただでさえ展開のうっすいところに10pの前後編とか話進める気ないだろ
    主人公もあんなだしもう原作代えたら?
    綺麗な絵柄の無駄遣いだね
    2 おもしろい名無しさん 2016年11月27日 16:08▼返信
    まじでこれだけ?
    隔週なのに?

    もう原作小説で挿し絵でコタロー使えばいいよ。
    3 おもしろい名無しさん 2016年11月27日 20:30▼返信
    ノロノロしてる間にすっかり話題性も失せ果てにけり
    4 なんだかおもしろい名無しさん 2016年11月29日 19:16▼返信
    私はお世話係にいろいろとお世話してもらいたいですね。

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)