『喧嘩稼業』第70話感想 この勝負はもう…もう…もう…もう…もうダメなのか…(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』第70話感想(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』管理人の感想です。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    <関連記事>
    『喧嘩稼業』第69話感想 まさかの試合展開に心からの「fin.」(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』第70話感想(ネタバレあり)1

    完ッッッッッッッッッッ全に終わった

    こんなことは言いたくない。口が裂けても言いたくない。だけど、だけどこの事実は、口が裂けてなくても漏れてくる。…この勝負、櫻井裕章は勝ちであって、入江文学は負けだってことに。

    アリが心なしか嬉しそうな表情をして、拳をグッとする気持ちも分かる。ポーカーフェイスな、あまり表情を出さない男なんだけど、昔憧れていた男が、どちらが勝つか分からない状況で腕を折って勝利確定にしたんだから。…もうダメだ、この勝負は櫻井の勝ちだ。

    文さん…リタイヤ…は、しないよなぁ…。腕が折れたところで、リタイヤする男じゃあないもんな。…そして、文さんのこんな姿を見たくなかったよ。

    『喧嘩稼業』第70話感想(ネタバレあり)2

    文さんはまだやる気満々だ。セコンドからのタオルも拒否して、意地を見せる。トーナメントで優勝するため、そして優勝して田島を倒すため…。

    『喧嘩稼業』第70話感想(ネタバレあり)3

    「もう試合なんてどうでもいい、だから生きて帰ってきてくれ文さん…」そう思ってしまう自分はダメなのでしょうか。もうここまで来たら、勝敗はともかく文さんの人生に大きく関わってきそうだ。いや、それならまだいい…最悪死ぬことだって十分ありうる。

    …第70話を見てから、入江無一の敗北、そして死を思い出した。もう、いやと言うほど「最強十六闘士セレクション」は読み込んだんだけどな、これと同じ運命が文さんにも待っているような気がして、正直つらい。文さん…頼む、生き延びてくれ…。

    喧嘩商売 最強十六闘士セレクション(3) (ヤングマガジンコミックス)

    『喧嘩商売』最強トーナメント出場ファイター16人のエピソードを対戦カードごとにセレクトしたスペシャルエディション! 今巻では第3試合・富田流、入江文学(いりえ・ぶんがく)vs.シラットの使い手、櫻井裕章(さくらい・ひろあき)の出場回をセレクト。

    喧嘩稼業(7) (ヤングマガジンコミックス)

    陰陽トーナメント第二試合、抱えきれぬほどの悪巧みを携えて佐藤十兵衛、待望のリングイン!! 対するは日本拳法・佐川徳夫――。弛まぬ鍛錬に磨かれたこの天才は、人心を看破する洞察力を併せ持つ。歴然たる“本物”の才能を相手に、悪童・十兵衛の罠は通用するか――!?

    「最強の格闘技は何か!?」誰もが知りたかったこの命題に、今、答えが示される―――!! “我こそが最強”と名乗りを上げた16人の格闘家によるビッグイベント……その名は“陰陽トーナメント”!! ……そこに出たくて出たくて仕方ない日本一かわいくて強い高校生・佐藤十兵衛が、トーナメント出場権、強奪させていただきます♪

    漫画ネタ > 漫画感想・レビューマガジン・ヤンマガ系 > 喧嘩稼業・喧嘩商売

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2016年12月05日 22:43▼返信
    文さん童貞のまま死なないで…
    2 おもしろい名無しさん 2016年12月05日 22:46▼返信
    これヘタしたら文さんのお父さんと同じ末路あるで
    3 おもしろい名無しさん 2016年12月05日 23:06▼返信
    むしろ勝ちフラグの気がするのは俺だけ?
    肉を切らせて骨を断つ的な結末で
    ただ文さんは決定的なダメージを負ってトーナメント離脱とか
    4 おもしろい名無しさん 2016年12月07日 23:25▼返信
    入江親子は田島の糧にすぎない存在だったってのは残酷だなあ
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事