『弱虫ペダル NEW GENERATION』第4話感想 いい感じに引き継げたっショ!(ネタバレあり)

    『弱虫ペダル NEW GENERATION』第4話「峰ヶ山で一番速い男」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    峰ヶ山ヒルクライムレースで手嶋が見せる魂の走りに熱い鼓動を感じた坂道は、自らを奮い立たせ懸命に葦木場を追う!果たして勝負の行方は...!?レース後、3年生の福富と顔を合わせる葦木場。彼にはある過去があり...。後日、田所の卒業レースとなる「湾岸クリテリウム」が開催。"総北スプリントスピリッツ"を持つ田所、鳴子、青八木の三つ巴の勝負が展開する!

    『弱虫ペダル NEW GENERATION』第4話あらすじ

    公式Twitter

    『弱虫ペダル NEW GENERATION』第4話感想

    4

    「ショ!」

    やはり小野田は強かった…。強かったというか、化物すぎた。ケイデンスの化物。それがレンタルクロモリから軽量バイクに乗り換えたんだから、恐ろしいスピードで山を登ってくるんだもんだ。もし最初から本気だったら、巻ちゃんのコースレコードも超えてたかもしれん。

    2

    そして葦木場は敗北。高身長で迫力ある存在なんだけど、ロードバイクで考えたら大きな身体は不利。そんな男が努力をしてきたけど、最初の箱学ジャージを着てのレースで逆走という大失態…そこから再びレースに出れたけども、小野田に負けて2位…。

    7

    レースで逆走というのはやってはならないことというか、これクビになるだろ…と思うんだけど、ここから恩を返すために復活した葦木場なので、遠征での勝負で2位なのは十分。ここで優勝して調子に乗らせるよりも、ここでもう一度突き落ちて気を引き締めたほうがいいかも…。とにかく葦木場はここからの成長に期待。

    6

    Bパートでは、田所、青八木、鳴子出場の最後の3人でのスプリントレース。この勝負では田所が勝利したんだけど、ここはいい感じに部活を引き継げたって感じがします。巻ちゃんがいなくて落ち込んだけど復活した小野田もよかったんだけどね、こっちのほうが終始いい雰囲気で引き継げたって思うんですけどね。…ちなみにこのレース、杉元も登場してたんでホントがんばれよ…!ここの管理人と同じコルナゴ乗りとしては杉元応援したくなるぜェ…!

    アンケート

    関連商品

    「弱虫ペダル」Blu-ray&DVDはこちら

    20%ポイント還元
    2017年1月10日の時点

    インターハイ2日目、ゴール目前400m。総北・今泉俊輔、箱根学園・新開悠人、京伏・御堂筋翔、三者三様の譲れぬ想いをペダルに乗せ、突入するゴールライン! 歓喜の勝者は天をあおぐ!

    ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想チャンピオン系 > 弱虫ペダル

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事