アニメ『幼女戦記』第6話感想 容赦ねェ幼女(ネタバレあり)

    08

    『幼女戦記』第6話「狂気の幕開け」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    帝国軍は圧倒的な軍事力と航空勢力によって、前時代的なダキア大公国軍に圧勝。ターニャ率いる第二〇三航空魔導大隊も、初戦闘で見事な戦功を挙げた。だが協商連合軍および共和国軍との戦闘は依然として継続中であり、帝国が二つの戦線を抱え込んでいることに変わりはなかった。そうした状況のなか、参謀本部作戦局のルーデルドルフは、国力の脆弱な協商連合から率先して叩くことを提案。戦務担当のゼートゥーアが兵站状況の不安から攻勢計画に難色を示すものの、ルーデルドルフはターニャの魔導大隊を北方に送り込む。一方、帝国を敵対視する周辺の列強諸国は、協商連合に対する義勇兵や武器の援助を開始。世界大戦の幕開けであった。

    『幼女戦記』第6話あらすじ

    『幼女戦記』第6話感想

    海外よりリモートで閲覧。

    初戦闘で絶好調なターニャ。やはり優秀だったか…本人は戦いたくないって思ってるんだろうけども、もう戻れない…もうどうしようもないのだ…。もうこのまま戦い続けるしかないのだ…でもまあ本人も意外と楽しんでる感あるんで、いいか!

    03

    南方での戦いの次は、寒い寒い雪のある北方での戦い。今回も圧倒的じゃないかターニャ!戦闘機に乗りこんで「こんにちわそしてさようなら」で爆弾ポイッと恐ろしいことこの上ない!そしてロックオンして一気に殲滅…戦闘機を殲滅させちゃうなんて、もうホント恐ろしいわ…個人の能力の高さを感じさせる回だった。ただ…存在Xよ、ターニャが強すぎるからって、別に世界大戦にしなくてもいいんじゃ…。

    うわーこんな子がすっごい痛い目見てくれないかなぁって思っちゃう自分は、どこか心の中で存在Xを応援している部分もあって…もうダメかもしれん…。そろそろ、すげー強いヤツ、敵国で出てきてくれないk…いやなんでもない!ターニャがんばって!

    公式Twitter

    関連商品

    「幼女戦記」Blu-ray&DVDはこちら

    14%ポイント還元
    2017年1月7日の時点
    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想アニメ年代・シーズン別 > 2017年冬アニメ幼女戦記

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2017年02月11日 18:09▼返信
    どうした!管理人さん
    前回の散歩小隊コメントに続いて今回も力の抜けたコメントして
    2 なんだかおもしろい名無しさん 2017年02月12日 02:54▼返信
    中身オッサンだけどな。
    3 おもしろい名無しさん 2017年02月12日 14:25▼返信
    だからいいんじゃん。
    あんな性格はともかく軍人としては優秀な指揮官の中身が坊ちゃん嬢ちゃんだと白けるだろ
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事