アニメ『幼女戦記』第10話感想 嫌な予感が的中しちまった…(ネタバレあり)

    アニメ『幼女戦記』第10話感想(ネタバレあり)

    『幼女戦記』第10話「勝利への道」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    その日、帝国の最高統帥会議にて、ゼートゥーアとルーデルドルフは高級官僚たちから叱責されていた。帝国軍はライン戦線右翼を大幅に後退し、すでに西方工業地帯までもが重砲の射程圏内に捉えられつつある状況であった。官僚たちは、このままでは軍部に不本意な政治的措置を講じる必要もあると戒めるが、そうした官僚勢の訓告に対しても、ゼートゥーアとルーデルドルフは全く動じることなく、静かに時を待っていた。同じ頃、ターニャを始めとする第二〇三航空魔導大隊の精鋭数名は、シューゲル技師の開発したV-1ロケットにて敵の防衛線を飛び越え、共和国のライン方面軍司令部に潜入。「衝撃と畏怖作戦」と名付けられた極秘計画が、着々と進行中であった。

    『幼女戦記』第10話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『幼女戦記』第9話感想 なんつー作戦なんだ…(ネタバレあり)

    『幼女戦記』第10話感想

    TVアニメ『幼女戦記』 第10話「勝利への道」予告

    人間ロケットで飛ばされたにもかかわらず、かなりヤケになってるかと思いきや全然ノリノリだターニャ…。やはりターニャはすごい。

    アニメ『幼女戦記』第10話感想(ネタバレあり)1
    アニメ『幼女戦記』第10話感想(ネタバレあり)2

    シューゲル技師の開発したV-1ロケットにて敵の防衛線を飛び越え、共和国のライン方面軍司令部に潜入した、ターニャ率いる第二〇三航空魔導大隊。これから始まる「衝撃と畏怖作戦」という極秘計画、一体どこまで対応できるのか…と不安だったんですけど、意外と普通に作戦遂行していた。何だかんだ本番になったら強いターニャを褒めるべきなのか、あの狂った男が作り出したV-1ロケットがちゃんとまっすぐ飛んだからすごいと言うべきか…。

    アニメ『幼女戦記』第10話感想(ネタバレあり)3

    しかし一体どんな作戦なのか…かと思ったら、兵隊がマッチに火をつけたら大爆発!掘り進めていた地下に爆薬を仕込み、そして一気に爆破…すげェすげェよマジで!帝国すげェ!

    さあ、後はこのまま問題なく進めていけば、戦争終了でターニャも平和な世界で安定した生活が送れる。…なーんてそんなこと言うもんだから完全にフラグを立ててしもーたターニャ!完全に油断したところを復讐のおじさん…に、襲われてしまったか…。馬鹿野郎!最終回直前で戦争終わるとか言ったらアカン!そんなんただのフラグになるだけだというのに…。

    第二〇三航空魔導大隊で一人、やられてしまった。今まで圧倒的勝利をしてきたターニャだけど、今回は人数でも制空権という意味でも上を取られてしまっている状況で、果たしてターニャは勝てるのだろうか…。うーん、ターニャは全然生き残る気がするけど、ほかは…。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    「幼女戦記」Blu-ray&DVDはこちら

    14%ポイント還元
    2017年1月7日の時点
    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想アニメ年代・シーズン別 > 2017年冬アニメ幼女戦記

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事