なんだかおもしろい

    アニメ『幼女戦記』第11話感想 ターニャ最大のピンチ!?すごい戦いが待っていた…。(ネタバレあり)

    アニメ『幼女戦記』第11話感想(ネタバレあり)

    『幼女戦記』第11話「抵抗者」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    ターニャは敵のライン方面軍司令部を強襲し、共和国軍の指揮系統撃滅に成功。その機に合わせ、帝国軍は坑道戦術でライン戦線左翼の敵陣地を突破。続けて機動力を活かした回転ドア作戦により、遊兵化した敵主力部隊を完璧に包囲した。あとわずかで共和国との戦争を終わらせられる。平和が戻ってくれば安定した出世の道が待っている。そんな確信を抱きながら、ターニャは大隊を率いてライン戦線に赴いていた。その数刻前、帝国軍が劣勢と見ていた連合王国は、本格的な参戦を開始。もはや遅すぎた介入ではあったが、そこにはターニャに憎悪を燃やすアンソンが、義勇兵として参加していた。アンソンは不意を突いてグランツを撃墜し、大隊との戦闘を開始する。

    『幼女戦記』第11話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『幼女戦記』第10話感想 嫌な予感が的中しちまった…(ネタバレあり)

    『幼女戦記』第11話感想

    TVアニメ『幼女戦記』 第11話「抵抗者」予告

    アンソンのおっさん…マジかアンソンのおっさん…

    前回、共和国軍の指揮系統撃滅に成功し、みんなで帰還する…というところで、オッサンが登場。完全に奇襲でグランツが追撃され、なおかつ戦力的にもかなり不利。奇襲のときに一斉砲撃されてたらやられるんじゃないかって思うほど。慢心というわけではないけども、最初にまとめて襲撃されなくてセーフだったか…。

    アニメ『幼女戦記』第11話感想(ネタバレあり)2

    そこからは、Aパートフルに使っての戦い。とくにターニャVSアンソンの戦いが、もう激しすぎる空中戦で、今までかなり優位に戦っていたターニャが、かなり追い込まれてた。結構、最後までどちらが勝つか分からなかった…。

    最終的には、蹴りを入れたところで剣をぶっ刺して、これで勝利かと思いきや…まさかの体ごと捕らえられて、自爆しそう。しかしヴィーシャの手助けもあって、そこで蜂の巣状態。ついに勝利…と思わせてくれないことになんと最後の最後で撃たれまくったはずなのに…自爆まで持ち込んだ。ターニャへの恨み、執念のすごさを感じた。

    しかしすごいという意味では、かなり追い込まれていた感じがあったんだけど、まだターニャには余裕を感じたこと。完全に油断しなければもっと楽に勝てたのだろうか…愉悦良くない。

    それで、ようやく共和国軍は休戦。よ、ようやくこれでターニャの望みだった平和が訪れ…ん?休戦?停戦でも降伏でもなく…?…ん?

    ターニャが強行偵察任務というほどまでに、休戦なのか停戦・降伏なのかって話が違うものなのか…。戦争を終わらせる機会を逃したってことなんだけど、つまりは戦力を残したままだから、今後帝国にピンチになることもありうるということか…。

    次回最終回なので、さすがに1話で帝国がピンチになるってことはないんだろうし、なんとなくだけど数年は帝国は安泰な気がするんだけども…でも確実な平和が欲しいってなったら、徹底的に倒すしかないのかな…。…てか、次回最終回かよ…ここで終わるとなると、うーん…。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    「幼女戦記」Blu-ray&DVDはこちら

    14%ポイント還元
    2017年1月7日の時点
    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 なんだかおもしろい名無しさん 2017年03月25日 09:18▼返信
    休戦ではなく終戦。
    終戦ではなく停戦と聞いたからターニャは嫌な予感がして気づいた。
    2 なんだかおもしろい名無しさん 2017年03月25日 09:35▼返信
    あんまり歴史知らない人が多いのかね
    フランスはこの後どうなるかを知らない人が
    高校の世界史でやった覚えあるから、大学で学んでなくても知っているはずなんだけどなぁ
    3 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 09:57▼返信
    世界史の単位がなくて日本史取ってたんじゃない?
    4 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 10:25▼返信
    倫理政経でした(小声)
    5 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 10:46▼返信
    1940年にフランスが降伏したあとドイツがどうなったのかはわかるだろ
    6 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 15:00▼返信
    原作では、将来のために歴史を勉強しているうちに戦争史にはまった、みたいな設定だったはず
    脱出した共和国の戦力は多くないけれど、脱出先の植民地には資源があり、亡命政権を後押ししてくれる他国がゴロゴロいるというのがマズイ
    亡命政権の存在が他の仮想敵国の参戦理由にされてしまう未来が分かるのが主人公だけというのがもう・・・
    7 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 15:02▼返信
    終戦……戦争が終わること
    停戦……『戦い』〝が〟止まること
    WW1、WW2までの戦争っていうのは、良くも悪くもお偉いさんが「負けた! もうやめ!」って一言いえば終わり
    で、お偉いさんはどこにいるかっていうと首都にいる。だから首都を落とせば勝ち。
    ところが、国家総力戦となると数百数千数万数億の人がそれぞれで戦いを始める。
    ある人は武器を取り、ある人は砲弾を作りある人は作戦を考えて戦っている。
    だから、みんなちょっとでもいいから勝っていい思いがしたい。だから1人のお偉いさんが「もう戦いやめ!」って言っても止まらない。
    下手すれば相手の兵隊を皆コロコロしにしないと戦いは終わらないという構図。
    8 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 16:32▼返信
    しかたない、みんなこれで終わるからと思ってるから
    9 おもしろい名無しさん 2017年03月25日 16:45▼返信
    前回の会議で帝国が経済的にまずい状況である事が出てきたから、政府としては、戦争したくないのが実状
    10 おもしろい名無しさん 2017年03月27日 14:54▼返信
    政府はこれから経済回復の為に賠償金・領土をむしり取ろうとしてるトコなのに、
    一部の軍人が暴走して「停戦に応じた共和国軍」を壊滅させたなんて事になったら大問題だものなぁ

    まだ戦争は終わってなどいないという事を理解して貰えないという悲劇

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)