アニメ『グランブルーファンタジー』第6話感想 バルツ編、あの子も登場…!(ネタバレあり)

    1

    アニメ『グランブルーファンタジー』第6話「想いは陽炎の如く」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    なお、Amazonプライムビデオで配信中です。こちらでもチェックしてみてください。

    ティアマトの脅威からポート・ブリーズ群島を救い、グラン達は新たなる島へと旅立つ。 辿り着いた先は溶岩の河が流れ、その熱を利用した鉄鋼業が盛んなバルツ公国。 そこでは彼らに仕事の依頼をしたいと、よろず屋のシェロカルテが待ち構えていた。 シェロの紹介で出会った依頼主は、バルツ公国の特務官。つまり国の重要機密に関わる秘密諜報員であった。 彼はグラン達にポート・ブリーズを救った騎空団と見込んで依頼があるという。 依頼内容は、行方をくらましたバルツ公国の最高権力者・ザカ大公の捜索。 団長となったグランの決意もあり、一行はその依頼を受けることに。 早速調査を始めたグラン達だったが、背後には彼らを尾ける怪しい人影があった。

    アニメ『グランブルーファンタジー』第6話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『グランブルーファンタジー』第5話感想 激しすぎる戦い!これは燃える…!(ネタバレあり)

    アニメ『グランブルーファンタジー』第6話感想

    1

    飛び立ったグランサイファー、そしてティアマトを止めることに成功したグラン一行。第6話から本格的な冒険展開になります。バルツ編、始まります。

    鉄鋼業が盛んなバルツ公国に付き、そこで国絡みの依頼を受ける。いきなりとんでもない重要な依頼を受けたな。どうやらすでにティアマトの件が知れ渡ってるみたいだ。すげーもう有名だ。…ところでついこの間あったばかりのシェロにまた会うなんて出現率高くないか!?…あれか、ポ○○ンの警官やナースみたいなものかな。

    …で、受けた依頼というのは、バルツの最高権力者・ザカ大公を探すというもの。行方不明になった彼を探すために町の人に声をかけ…って登場するモブドラフの人たちちょっと可愛すぎませんかね…。ドラフはなんでこんなに美人で豊満揃いなんだ…。

    そして捜索するグランたちに、ついにあのキャラが登場です‥魔法で隠れてストーキングしてました、イオ。ザカが師匠とのことで、尾行してたとか。あったらはったおすとか…。そしてすでにグランへの好感度高いみたいだ。

    もうすでにいい仲間が加わったか…といい雰囲気になったところで、同じくザカを探す帝国のスツルムとドランク、さらにあれこれ最強じゃね?黒騎士…そしてオーキスも登場。戦うことにはならなかったけど、会話したすぐあとに巨大な機械の魔物が登場。そしてその魔物はサガが操作してる…ということでイオが飛び出し戦う流れに。なんてRPG感あるんだ…。

    第6話はモブドラフやべェとかスツルムやっぱりやべェとかそっち方面だったけど、第7話からは本格的な戦闘になりそうだ。

    アンケート

    公式Twitter

    商品情報

    アニメ『グランブルーファンタジー』Blu-ray&DVDはこちら

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想ゲーム > グランブルーファンタジー

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事