週刊少年ジャンプが200万部割れ 2017年1月~3月の平均で

    週刊少年ジャンプ公式サイト

    週刊少年ジャンプ公式サイト

    集英社の漫画雑誌・週刊少年ジャンプの発行部数が1冊あたり200万部以下になったことが、明らかになりました。日本雑誌協会による発表によると、1,915,000部となったとのことです。

    週刊少年ジャンプといえば、かつて600万部を突破するほど人気の漫画雑誌でしたが、ここ数年は200万部台を推移していました。2016年7月~9月までの平均印刷証明付き発行部数は2,151,667部、2016年10月~12月までの平均印刷証明付き発行部数は2,005,833部、でしたが、2017年1月~3月の平均では1,915,000部と200万を下回ったとのことです。

    ちなみに100万部を突破している少年向けコミック誌は週刊少年ジャンプのみで、週刊少年マガジンと週刊少年サンデー、コロコロコミックなどはは100万部を下回っています。

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    ジャンプ・ヤンジャン系漫画ネタ > 漫画ニュース

    本日のニュース

    コメント

    1 なんだかおもしろい名無しさん 2017年05月16日 20:12▼返信
    部数減るのは時代の流れだが、アプリでの購読者も合わせて出さないとどれだけ売れてるのか読まれているのかわからなくないか?
    2 おもしろい名無しさん 2017年05月16日 21:00▼返信
    まあいまのジャンプには200円払う価値はないもんな

    3 おもしろい名無しさん 2017年05月16日 23:46▼返信
    それでも今の時代雑誌でここまで売れてるのかなりすごいと思うけど
    4 おもしろい名無しさん 2017年05月17日 07:52▼返信
    ワンピ除いてヤンジャンのほうが売上も人気もありそうなもんだ
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事