アニメ『進撃の巨人』Season2第33話、追うモノ…胸にこうグッとくるものがある(ネタバレあり)

    2

    『進撃の巨人』Season2第33話「追う者」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    エレン巨人は鎧の巨人をあと一歩のところまで追いつめたが、超大型巨人の頭部が落下してきたことにより形勢は逆転し、エレンは鎧の巨人に連れ去られてしまう。さらに、超大型巨人の発生させた熱と風圧が、その場にいた兵士たちに甚大なダメージを与える。倒れたミカサが目を覚ましたときには、既にエレンの敗北から5時間が経過していた。エレンを想って、涙するミカサ。そんなミカサやアルミンを、ハンネスは勇気づけるのだった。

    アニメ『進撃の巨人』Season2第33話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『進撃の巨人』Season2第32話 VS鎧の巨人、超大型巨人、激しすぎて興奮するって!(ネタバレあり)

    アニメ『進撃の巨人』Season2第33話感想

    1

    激し…激しすぎる!第32話の攻防戦、ヤバすぎる!巨人VS巨人、エレンVSライナー&ベルトルト、殴り合いではなく関節技、総合格闘技かと思うほどのすごい戦いを見せつけられて、興奮しかなかった。かつてのノゲイラの戦いを見ているかのようだ…。

    エレンはかなり強かった。強かったが…この勝負はライナーとの一騎打ちではなく、ライナーとベルトルトとの戦いだった。ベルトルトが動かなくなったので油断していたら、壁上からベルトルトが落ちてきて、そしてライナーに連れされててしまった。エレンの勝利かと思いきや、勝負は一瞬で決まってしまった。完全にエレンの負けだ…。

    倒れていたミカサが目を覚ましたときには、すでに遅し…。倒れたミカサを見てスタイルすげェいいなぁ…じゃなくて、エレンが連れていかれたことを知ったミカサは涙する。これ見ると、やっぱミカサってエレンのことが好きなんだなぁって感じる。でも恋という意味で好きだと気づいていないのか、そもそもエレンという生き物を保護したいみたいな感じでいるのか…。

    前回エレンを取り戻したときは、すぐに追いかけたことやリヴァイがいたからなんとかできた。でも今回ってミカサが目覚めて5時間も経っているんだよね。…この事実を知ったらもう助からないな…ってミカサは思っちゃう。あー…マフラーで口を隠して涙する姿かわいい…。

    2

    涙するミカサ、冷静ながらもショックを受けているアルミン、そんな中、ハンネスが2人を勇気づけてくれた。ハンネスは親代わりといってもいい存在だからな。…ああ、ここでハンネスのいいシーン見たら…ああ、ああ…

    そして連れ去られたエレンは、殺されていません。ただし両腕がない状態でいる。体の再生はできない状態。さあ、さらなる衝撃はここからだ…。…あーしかし「進撃の巨人」のアニメクオリティ高すぎるだろおい…。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    TVアニメ「進撃の巨人」Season 2のBlu-ray&DVDはこちら

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想 ネタバレありマガジン・ヤンマガ系 > 進撃の巨人

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事