なんだかおもしろい

      『はじめの一歩』1186話感想 すごくうれしそう、これが一歩(ネタバレあり)

      『はじめの一歩』1186話感想(ネタバレあり)2

      はじめの一歩』管理人の感想です。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

      <関連記事>
      『はじめの一歩』1182話感想 追撃!一歩ってちょっと凄すぎませんか!?(ネタバレあり)

      『はじめの一歩』1186話「恩返し」

      『はじめの一歩』1186話感想(ネタバレあり)1

      一歩再起戦、第1Rが終了しました。フィリピン王者としてやってきたゲバラをかなり圧倒した一歩で、誰が見てもこの勝負は一歩の勝ちだし、最高の再起戦になることは間違いないと言えるはずだ。だがセコンドの鴨川会長は…バカ者があっ

      『はじめの一歩』1186話感想(ネタバレあり)2

      でも、すごく喜んでるんだろうなぁ。一歩がドMとかそういう話ではなくて、鴨川会長に叱られる=ボクシングをしていると実感できる、こんなにも真剣に怒ってくれたのは人生で母親以外いなかった。

      『はじめの一歩』1186話感想(ネタバレあり)3

      たぶん一歩はドM、だけどベッドの中で本気出すとドSな人もドMになってしまう魔性さを兼ね備える…という自分の予想は置いといて、一歩は鴨川会長に対してすごく恩返しがしたいと思っている。ここまでボクシングで接してきてくれたから、もっともっと世界を見せてあげたいと思っているはずだ。そして再起戦では、その世界レベルの姿を見せてくれるはずだ。今のままなら…。

      一方対戦相手のゲバラ、間違いなく強いはずなんだけど、一歩にかなり押されている。ただ、前回のレビューのコメントを見て思ったんだけど、一歩はジャブで意識飛んでるみたいな…これ、一歩はもしかしたら大きな爆弾を抱えている可能性があるということと、ゲバラが勝つという可能性は0ではないということだ。むしろ大逆転もありえるぞ…。

      そんなゲバラ、セコンドが一歩対策として、かつて一歩と戦ったことのあるマルコム・ゲドーとコンタクトを取っていた!そこで明らかになる、一歩の弱点とは…

      『はじめの一歩』1186話感想(ネタバレあり)4

      マネーがなくて全然聞けなかった!ちくしょう全然ダメじゃねェか!でもゲドーのアドバイスとして、長いパンチは有効だということは分かった。ただこれ第1R終了時にゲバラに伝えるとかおそすぎでしょ!一歩と戦う前からもっと伝えておかなきゃ!

      ただまあ、一歩との戦い方はハッキリとした。ジャブを徹底して、近づけない作戦だ。なんとなく消極的な作戦な気もするんだけど、今の一歩にジャブは嫌な予感しかしない。もしかしたら、第2R以降で大波乱があるかもしれんぞ…!

      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 00:17▼返信
      あと休載や引き延ばしで1年ほど試合してそうな感じするわ
      2 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 00:33▼返信
      会長がいなくなるフラグでも立ててるのかな
      鷹村の網膜剥離とか板垣の闇落ちとか一歩のパンチドランカー症状とか
      回収しないフラグ立まくってどーすんだか
      3 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 01:02▼返信
      順当にいけば一歩の楽勝ムードだけど…
      露骨にはさんできたゲドー氏のアドバイスに加えて、
      「今のところジャブしかない」みたいなのが逆に不安。
      前回の一瞬気絶も加味すると、
      ひょっとして一歩、ジャブでちょいちょいトンだりして、試合中にパンチドランカー症状出てくるんじゃあるまいな?
      4 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 03:27▼返信
      今回は妙にページが多くてびっくりした。
      編集の都合もあるのだろうけど、
      次回に何ページかは回しても良いと思った。

      ゲドーの「追加料金」というのが案外答えだったりしてね。
      一歩は現金に弱いと。そんなはずないかw
      弱点を知らないのを知られたくない演技だったというのが真相な気がする。
      5 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 03:54▼返信
      鴨川ジム、メインの選手が軒並み故障や不調抱えてて
      暗雲立ち込めてるけど大丈夫かこれ
      青木村が最終的に盛り上げて逆転したら熱いが
      6 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 05:16▼返信
      やはり引き伸ばすんだ。
      7 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 09:33▼返信
      過剰表現、この一言に尽きる。
      パンチ力が違いすぎて、現実のボクシングではあり得ない世界だ。
      ボディ打ちが、なぜかインファイトタイプのみ強くされているのも不思議だ。

      デンプシーのような大振りになるパンチは、ブロックをする必要がない。屈んで体を密着させればいい。
      それ以前にデンプシーのウィービングの時間で、相手に逃げる時間を与えている。
      技術の知れ渡った今のボクシングで、デンプシーなど通用しないし、誰もそんな事しない。
      8 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 10:23▼返信
      いや、これマンガだからね。
      9 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 11:35▼返信
      最終的には必ず主人公を世界王者にしてくれよな作者さん。昔からずっと見てるのに世界王者になれないままで終わったら昔からのファンはみんなガッカリするから。
      10 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 12:16▼返信
      結局のところ、ゲバラのセコンドは
      追加料金を払ったのか?
      11 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 12:48▼返信
      うーむ、変なしこりの残る試合になりそうだな
      12 おもしろい名無しさん 2017年06月29日 23:42▼返信
      インターバルに1話...
      さっさと終わらせないってことは波乱があるのか?
      13 おもしろい名無しさん 2017年06月30日 10:22▼返信
      一歩って 低い姿勢からガード固めて突進パンチばっかりやってたのに
      ゲドー戦だけスウェー多用してたの何でなん?
      それで 避けれるんならまだしも 「パンチが伸びてくる!」とか言って全部くらうって何でなん?
      14 おもしろい名無しさん 2017年07月05日 20:05▼返信
      5冊程買いだめしていた単行本読んだ…。週刊連載はお話が小間切れになるけど、単行本で纏めて読むと“やっぱり、そうなの?”というものを感じる。疑惑は1つも晴れていない。どころか確定感すらある😢 検査では見つけられない場合もある…って、一歩さんは判っている。梅沢くんはゾッとした表情でその話を聞いてるけど、それはそうだよね。頭痛がしたり、記憶が途中なくなっていたり…試合の後はよくある、なんてね。久美さんにも以前、同じ話をしていたっけ😢 この試合は、一歩さんの疑惑確認のためのもの? 世界ランク10位にも満たない格下の相手を“サウスポー”だから…というだけで、選んだなんて変だもの。 1990年代半ばのお話だけど、アントニオ陣営は一歩さんとゴンさんの試合を録画したもの観て研究してないのも、変。近付けなければ問題無し!ジャブ有効!は直ぐに判ると思うよ…ゲドーに聞くのもアリだけど。一歩さんにはジャブ当てまくる作戦でラウンド重ねると有効だよ。あの症状が出る可能性大…だもの😢😢😢 

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)