zakuzaku911

    アニメ『賭ケグルイ』第2話感想 やっぱり変態じゃねェか!(ネタバレあり)

    1

    アニメ『賭ケグルイ』第2話「つまんない女」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    夢子に負けたことでクラスメイトから家畜のように扱われる芽亜里。鈴井はポチミケ制と呼ばれるこの階級制度を始めたのは生徒会長の桃喰綺羅莉であり、彼女が率いる生徒会は学園最強のギャンブル集団だと夢子に語る。しかし少しも怖がる様子を見せない夢子。 そんな彼女の活躍を聞きつけた1年生の生徒会役員・皇伊月が、2000万円を賭けた『ダブル神経衰弱』で夢子に勝負を挑んでくる。

    『賭ケグルイ』第2話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『賭ケグルイ』第1話感想 表情にテンション、このギャンブル、狂ってやがる…!(ネタバレあり)

    アニメ『賭ケグルイ』第2話感想

    変態と顔芸が今回も健在!第1話で絶好調だった早乙女芽亜里が家畜、ミケになってしまった!ホント申し訳ないんですけどプライド高い子が絶望顔して狂い咲く姿はホント好きです。ミケと呼ばれて悔しそうな顔をしながら指示された掃除をさせられるのは最高だぜ!あとは単純に床拭きが最高だぜ!あと最後のね、もう取り返しのつかないような状況に追い込まれたシーンとかね、「賭ケグルイ」で一番好きなシーンですよ。露出全くないのにここまで性的に惹かれるのは一体…。

    そんな第2話では、1年生ながら生徒会役員という皇伊月とのギャンブル戦がスタート!金額つぎ込んで生徒会になったと噂のある皇伊月とのバトル。トランプに関してはかなりの実力があって負けたことがないとか。つまり今回のカモですね。

    戦いはダブル神経衰弱というもの。デッキを2つ、つまりカードは通常の2倍使って、同じ数字同じマークのものを当てるというもの。103分の1という確率の低さ、そしてカードが多いので記憶力が必要になります。普通の神経衰弱ですら難しいってのに、その倍カードがあるなんて難しすぎでしょう…。

    初戦は夢子の負け。2000万の負けをしてしまった。しかしここで夢子が再戦を求めて、次は生爪を賭けにして勝負をすることに。生爪コレクションが増えてと喜ぶ皇、泣きそうな顔をしながら再戦を求める夢子、この流れ完全に皇終了のお知らせ。

    いやぁ楽しかった…。2戦目で圧倒的勝利の夢子、さらなるギャンブルをしようと狂気な表情を見せる夢子と、ごめんなさいとひどすぎる泣き顔を見せる皇。そんな顔を見て夢子が「つまんない」。いやぁ…声優のすごみ感じるすごいシーンでした。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2017年07月08日 23:13▼返信
    滾っちゃうんだから
    しゃーない
    2 おもしろい名無しさん 2017年07月11日 09:48▼返信
    顔芸がおもしろい

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事