『活撃 刀剣乱舞』第2話感想 第二部隊の自己紹介(ネタバレあり)

    1

    『活撃 刀剣乱舞』第2話「部隊長」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    新たに陸奥守吉行・薬研藤四郎・蜻蛉切を加え、時間遡行軍を追って城を目指す審神者と和泉守たち。しかし城内に先行した陸奥守が目の当たりにしたのは、時間遡行軍の手に掛かり命を落とした城侍の姿だった。 地方の城への襲撃に、時間遡行軍の真意を図りかねる和泉守たちは、引き続きこの時代に留まり調査を続けることに。 審神者は和泉守兼定・陸奥守吉行・堀川国広・薬研藤四郎・蜻蛉切の五振りを第二部隊とし、和泉守を部隊長に任

    『活撃 刀剣乱舞』第2話あらすじ

    『活撃 刀剣乱舞』第2話感想

    4

    激しくもアツイ戦闘シーンが非常にアツイ「活撃 刀剣乱舞」。時間遡行軍との戦いに、和泉守兼定・陸奥守吉行・堀川国広・薬研藤四郎・蜻蛉切に主の審神者も登場して、バンバン倒すアトス。すっごい気持ちがいいほど戦闘シーンは美しい…ufotableは本当に素晴らしいアニメを作ってくださりました。

    1
    2
    3

    ちなみにこのメンバーは第二部隊。ということは第一部隊が存在してるんだなって。でも本丸で見かける程度で親しい中ではないってことで、また堀川国広はまだ来たばかりで新参者っていうことで、それぞれ自己紹介。ちなみに国広が兼定と繋がりがあったというのは、刀の歴史的な意味合いかな…。

    和泉守を部隊長に新たに誕生した第二部隊。次なる戦いはオランダの蒸気船のある港。今回は戦いはなかったけども、蒸気船爆発からの新しい時間差行軍との戦いが繰り広げられそうだ。

    戦闘はなかったものの、シリアス一辺倒ではなくてワイワイとした会話シーン(ある意味萌えポイント?)など描かれていましたね。たぶんいろんな人が言っているけども、アニメ製作会社的に「テイルズ&Fate」な感じがしますね(第2話はテイルズ要素が高かった印象もあるけども)。あと、すげェ身体…蜻蛉切と陸奥守はアレだ、マジでいい身体してるな…。筋トレしてるけどあの身体になれる気がしないねぇ…。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想ゲーム > 刀剣乱舞(とうらぶ)

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事