『喧嘩稼業』続・第80話感想 代償は大きいのか、それとも…(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』管理人の感想です。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    <関連記事>
    『喧嘩稼業』第80話感想 すでに完成している…だと!?(ネタバレあり)

    『喧嘩稼業』第81話…ではなくて第80話!

    一種の生殺しなんじゃないかな…。木多先生ェがまさかの第80話を落としてしまい、第80話が分割になりました。「落としたってしょうがないじゃないにんげんだもの」なので仕方ない…仕方、ないんだ…。

    『喧嘩稼業』第80話(続き)感想(ネタバレあり)1

    十兵衛と佐川徳夫戦も、そんなに時間が経ってない印象だけども、金隆山康隆と川口夢斗はもっと早い短期決戦になりそうだ。金隆山にふっ飛ばされて一度ダウンしている川口と、川口のローキックをまともに受けてしまいモモがパンパンになっている金隆山…ダメージは互角と考えても、もうこれ決着は早いでしょう。

    川口からまずは動く。これはもうパンパンに腫れたモモに再びローキックでしょう…と思ったら、蹴りをせずフェイントに使ってステルスパンチ!

    20170807_211010

    川口の蹴りの威力はヤバすぎる…それは誰もが知っていることなんだけど、それをうまいことフェイントにしてのパンチもまたヤバイ。蹴りについてはガードしててもダメージを受けてしまうほどの威力、正直パンチのことなんて考えてる余裕なんてないはずだ。

    しかし、正直この時点で川口は蹴りをしなかったことで、勝利できないと感じた。というのも、金隆山は捕まえる気でいたからな。もし捕まったら、一体どんなことされてしまうのか…

    20170807_211403

    右腕を掴んだ金隆山が、アッサリと…折った。正直、戦慄が走った…だって、人はこんなに簡単に腕が折れるものだろうか…(まあここの管理人は自転車に乗ろうとしたときにペダル踏み外して倒れたら鎖骨折れたんですが…)

    右腕が折られてしまった…これはかなりヤバイ。…が、これは考えうる最悪のケースではないッッ!本当に最悪なのは、足の骨を折られること…腕を折られても戦えるのは、前の戦いで文さんが見せてくれた!なら、必殺の足が残っている川口なら…

    右腕を犠牲にして放たれた右ローキックが、金隆山の腫れ上がったモモに炸裂した。…おい、おいこれどうなるんだ!?どうなっちまうんだ!?…ってここで第81話へ続くのかァ!…ちくしょう、これ一体どうなるんだ…?というか、これだと勝負もう次回で決まりそうだな!

    漫画ネタ > 漫画感想・レビューマガジン・ヤンマガ系 > 喧嘩稼業・喧嘩商売

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2017年08月08日 05:04▼返信
    正直最初の川口気絶で試合終了でよかったんじゃないか
    川口VS金隆山の試合は微妙だなぁ説明多くて動きがわかりづらいし
    2 おもしろい名無しさん 2017年08月08日 14:30▼返信
    そして最初のぶちかましで終わってたら
    「せっかく前振りしたのにあっけなさ過ぎだろ」という文句をつける
    3 おもしろい名無しさん 2017年08月09日 01:22▼返信
    川口があの一撃で致命的なダメージ与えることができても
    コーナーに追い込まれた状態で体重かけたローが届く距離なんだからまず間違いなく捕まるよね
    金隆山のモデルの雷電の禁じ手って言えばテッポウとカンヌキ以外にもう一個サバ折りってのがあったけど
    あれなら片足使えなくても使えるし
    布石の絞め技うんぬんにも繋がるしちょうど良いんじゃないかな
    しいて問題上げれば似たような決め技を工藤がすでにやってるってとこだな
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事