アニメ『Fate/Apocrypha』第12話感想 君の名は。ーーーーー(ネタバレあり)

    20170919_084019

    アニメ『Fate/Apocrypha』第12話「聖人の凱旋」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    ユグドミレニア一族が所有していた大聖杯は、赤のアサシンの宝具「虚栄の空中庭園 ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン」によって、赤の陣営に強奪された。 彼らを追うルーラーと黒の陣営は空中庭園へと突入する。 再び赤のランサーと相見えた黒のランサーであったが、ルーマニアを離れた彼の力は弱まっていた―。 そこへ、マスターであるダーニックが現れある提案を持ち掛ける。

    アニメ『Fate/Apocrypha』第12話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『Fate/Apocrypha』第11話感想 ランサーバトルがヤバイ!(ネタバレあり)

    アニメ『Fate/Apocrypha』第12話感想

    アイリスフィールやないか!おいシロウ・コトミネと一緒にアイリスフィールがいるやないか!…え?え?アインツベルンのホムンクルス…え?

    というわけで、「Fate/Apocrypha」第12話感想です。次回は12.5話で、ここまでで半分になります。前半はここで終了…。

    20170919_084023
    20170919_084026
    20170919_084031
    20170919_084037
    20170919_084041

    赤のランサーVS黒のランサー、力は互角かと思われたけども、ルーマニアから離れてしまった黒のランサーは力が弱まっている。…で、ここでダーニックが令呪を使って強力かつ醜いサーヴァントへなってしまった。「自害しろランサー」ではなくて、「自害するなランサー」というほうへ。…アカン、ラスボス感あったダーニックが甲高い声になって、あまりにも強そうな感じが…同じように、ウラド三世もまた強そうには…見えない。いや、吸血鬼となって仲間を増やすようになったことを考えればとんでもなく強いんだけども。

    赤VS黒とかそういう戦いではなくなった。これはまさに「Fate/Zero」でいうところのキャスター討伐戦みたいだ。どちらの陣営のサーヴァントも、一緒になって黒のランサーを倒す。こういう敵対していた者同士が一緒になって戦うっていうのは、ホント好き。これぞFateだよなぁって感じるよ。でもまあ協同していた中突然何かが起きるのもまたFate…。

    化け物じみた力を持ったウラド三世だけども、そんな相手に倒せないとはいえ圧倒する赤のランサーは強すぎる…。でも同じく、シロウ・コトミネこと天草四郎時貞もまた強すぎる。でも弱点を知っているから圧倒できたのか…。

    天草四郎時貞「全人類の救済」と聞くと、衛宮切嗣のこと考えてしまうのは自分だけだろうか…。これからどうシロウ・コトミネが行動してくるのか…。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想TYPE-MOON > Fate/Apocrypha

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2017年09月19日 09:18▼返信
    し、神父の正体が、天草四郎時貞だったなんて・・・!


    知ってた
    ところで主人公どこいった?w
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事