zakuzaku911

    『十二大戦』第3話感想 鶏は…(ネタバレあり)

    1

    アニメ『十二大戦』第3話「牛刀をもって鶏を裂く」感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    酉の戦士・庭取(にわとり)は、他の戦士ほどの強力な武器を持たない代わりに、鳥たちの視界を借りるスキル「鵜の目鷹の目」と、どんなに卑劣な裏切りも呵責なくこなす強かさで、過酷な戦場を生き抜いてきた。 しかし、こんな戦いの中でも和平を模索する申の戦士・砂粒(しゃりゅう)を前にして、彼女ははじめて揺れ動いてしまう。砂粒の誘いを断った彼女は、己の強かさとは何か、自問自答しながら町を歩くが……

    『十二大戦』第3話あらすじ

    <関連記事>
    『十二大戦』第2話感想 犬と鳥、それはあんまりだよ…(ネタバレあり)

    『十二大戦』第3話感想

    ダークホースになるかと思われた酉の戦士・庭取が早くも脱落してしまうかー…。仕方ない、過去の回想が出てきてしまったあたりから、嫌な予感してましたからね。

    というわけで、1週間近く遅れての第3話感想です。怒突のおかげでパワーアップした上に、さらに怒突を倒して一気に優勝候補に上がってくる…なんてことはなかった。庭取、鳥たちの視界を借りるスキル「鵜の目鷹の目」と、どんなに卑劣な裏切りも呵責なくこなす強かさを兼ね備えた強さを持っていて、精神的な部分、そして客観的な視点から戦いを見れるという利点に、さらに強化された力を持ったというのに、どうしてこうなった…。

    こうなってしまったのは、申の戦士・砂粒と出会ってしまったから。和平を模索する砂粒に心揺さぶられてしまったか…そして、自分自身、己の強さを考えていると、最強と言われていた丑の戦士・失井に出会ってしまって、そして…一瞬で勝負あり。

    あっさりと死んでしまい、残るは8人。なんだろうか…断罪弟はともかくとして、基本死ぬ流れって子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の逆順な気がするんですけど、つまりそれって次にいなくなるのは…。

    公式Twitter

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事