ウサマ・ビン・ラディンの遺品HDDにアニメやゲームが多く含まれていたと海外メディアが発表

    20171104_200550

    CIAが、アルカイダ指導者であるウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン(ウサマ・ビン・ラディン)の押収したHDDにアニメやゲームが多く含まれていることを明らかにしました。発表は海外のメディア「GameRevolution」にて。

    ・GBAEmulator
    ・New Super Mario Bros
    ・Mario & Luigi: Partners in Time
    ・Metroid Prime Hunters
    ・Yoshi's Island DS
    ・Grand Theft Auto: Chinatown Wars
    ・Army Men 2
    ・Zuma
    ・Naruto
    ・Bleach
    ・Dragon Ball
    ・Devil May Cry
    ・Final Fantasy VII: Advent Children
    ・Batman: Gotham Knight
    ・Antz
    ・Resident Evil

    2011年にCIAによって取り出されたHDDでは、「New スーパーマリオブラザーズ」から「デビルメイクライ」、そして「ドラゴンボール」に「BLEACH」、「NARUTO」とジャンプのアニメ作品もあり。こちらはすべて海賊版であるとのことです。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース

    海外オタクネタ > 海外オタク

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事