『デンキ街の本屋さん』最終回へ 水あさとさん描く青春ラブコメ、6年の歴史に幕

    1

    水あさとさんが描くラブコメ「デンキ街の本屋さん」が、現在発売中の月刊コミックフラッパー12月号にて最終回を迎えました。コミックフラッパーでは表紙にて、「最終回(グランドフィナーレ) 青春のその先へーーー。」の文字とともに、メインの女の子4人が登場しています。

    1

    「デンキ街の本屋さん」は、「デンキ街の本屋さん」は、日本のとある電気街に経つ「COMIC うまのほね」を舞台に描かれる、個性あふれる店員たちとの関係を描いた青春ラブコメ。2011年より連載がスタートしていて、2014年にはシンエイ動画制作でTVアニメ化もされています。キャストでは、高森奈津美さんや津田美波さん、竹達彩奈さん、相沢舞さん、逢坂良太さん、松岡禎丞さん、富田貴洋さんなどが参加。

    第1巻あらすじ
    水あさとが描く、コミック専門書店で働く人たちの<本屋 de 青春>グラフィティ! デンキ街のディープで楽しい本屋の毎日。マンガを愛する書店員さんたちの、にぎやかコメディ開幕~!!  主人公・海雄(うみお)くんのバイト先〈BOOKS うまのほね〉。そこではみんな何かのマニアだったり、コアなファンだったりとちょっと濃い目のキャラ多し。仕事を教えてくれる先輩女子は、先輩だけど年下さん。……さてさて、海雄くんのバイト生活はうまくやっていけるかな?

    最終第15巻は12月22日に発売予定。

    中の人のつぶやきはこちら!


    話題のニュース

    漫画ネタ > 漫画最終回・連載終了KADOKAWA系

    本日のニュース

    最新人気記事