『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話感想 いろいろ辛いんだけども、でも2人は…(ネタバレあり)

    『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話感想(ネタバレあり)1

    アニメ『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話「さよなら」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    激化する敵との戦いに備えて、進化していく勇者システム。しかしそれは小学校六年生の少女たちが背負うには過酷なものだった。それでも少女たちは懸命に、役目を果たしていく。

    アニメ『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話あらすじ

    <関連記事>
    『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第4話感想 覚悟はしていたつもりだった(ネタバレあり)

    『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話感想

    第4話の展開が衝撃的すぎて、「ああもうなんか見たくねェ…こんなん今後絶望しかないやないか…」と思ったので見るの遅くなってしまったのですが、第5話感想レビューです。Amazonプライムビデオで、どうぞ。

    第5話「さよなら」。タイトルからして嫌な予感しかない、恐ろしい展開を覚悟していたのだけども…逆に覚悟しすぎていたからでしょうか、割とすんなり受け入れられる展開だったと思います。とはいっても、キツイもんはキツイっすよ。銀ちゃんの告別式シーンは…。

    『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話感想(ネタバレあり)1

    学校では銀ちゃんの机にお花が置いてあり、先生から「お友達とお別れするのは寂しいですが、どうか、誇らしい気持ちでお見送りしましょう」という。先生、冷静だよなぁ…って思ったあと、告別式で大人の意味深コメントをいろいろ聞いてしまって、なんかもう悲しみよりもこの戦いとは一体何なんだと思ってしまった。弟の言葉、突き刺さるぜ。

    『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話感想(ネタバレあり)2
    『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』第5話感想(ネタバレあり)3

    ここでしばらく2人には休息を…と思ったけども、させてくれないのがディスティニー。告別式の最中に現れるバーテックスに2人して戦う。銀ちゃんのことを思って、今までとは違う命がけの戦いを見せる2人は退治させたのだけども、これはもう見ていて辛い…。ホント、どうしてこうなってしまった…。

    キツイなぁ…なんて思っていたのだけども、このあと少しだけハッピーになれることが…。わっしーとそのっちが、少しだけだけども元気になってくれたのだ。これはうれしい…いや嬉しいというか、ほっとしたというか…。少女らしい笑顔が見れたっていうのは、ホントにホントに安心できることだなって。

    そして最後に覚悟していた不安要素が発表される。そう、新システムだ。これってもう…アレ、だよね?あぁ…辛い。第6話、辛いなぁ。割とすんなり受け入れたものの、辛いなぁこれ。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想アニメ年代・シーズン別 > 2017年秋アニメ結城友奈は勇者である

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2017年11月07日 01:41▼返信
    1期で語られてた件がいつ出てくるのかと思ってたら全部次回にぶち込んできやがった…
    どんだけの覚悟をして観ればいいんだ
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事