アニメ『妹さえいればいい。』第5話感想 デッドラインを死守しろ(ネタバレあり)

    1

    『妹さえいればいい。』第5話 「小説さえ書けばいい。」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    原稿のデッドラインが迫り、担当編集の土岐から逃亡を計る羽島伊月だったが、あえなく捕まってしまう。しかし伊月は、見事編集部からの脱走に成功する。そこでイラストレーターのぷりけつこと恵那刹那とばったり出会った伊月は、刹那に混浴の温泉へ誘われるのだった。マンネリに悩んでいた刹那は、インスピレーションを得るため新しいケツを求めていたのだ。刹那とともに温泉旅館に出かけた伊月は、そこで恐ろしいものに遭遇する……。

    アニメ『妹さえいればいい。』第5話あらすじ

    <関連記事>
    アニメ『妹さえいればいい。』第4話感想 ロリBBA税理士(ネタバレあり)

    アニメ『妹さえいればいい。』第5話感想

    分かる。締め切り(仮)と真デッドラインの2つあるっていうのはよく分かる。もっというと、締め切り(仮)っていうのはやぶってナンボなわけで、場合によってはここ守っちゃうととんでもない荷重がかかる可能性があるというわけでして…あ、これはイラストレーターやクリエイター、作家の話ではなくてエンジニア寄りのほうの話だった!でもそんなに違いはないかな…。

    そんなわけで第5話です。伊月、逃亡して刹那とともに混浴の温泉へ行く。そして女の子のお尻…いや漫○画太郎的おばあさんがいてショックだったような…。で、ここまで追いかけてくる編集につかまって缶詰…。なんか、締め切り守らない作家のよくありそうな展開だ。

    混浴ではBBA、男子風呂には編集…これならわざわざ温泉へ行かず自宅浴槽で那由多と一緒にいればいいのに…京も一緒に…もうこの流れであれば問題なく入れるでしょ!え?妹しかダメ?それなら千尋を…。

    まあ最終的には、締め切りというかデッドラインをなんとか死守して、新刊発売にまでこぎつけた。そしてコミカライズ化も決定…プロの作家としては、すごいうれしい展開なのか…な。正直印税の話とかちんぷんかんぷんなのでアレだけども、でも普通に考えたらうれしいよね…。

    次回「メディア展開さえうまくいけばいい」…何かちょっと怖さ感じる話ですな。果たして、どうなることやら…。

    アンケート

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想アニメ年代・シーズン別 > 2017年秋アニメ妹さえいればいい。

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事