『planetarian』フル3D VRアニメ化プロジェクト始動!クラウドファンディングはスタートして2日経たずして目標金額を達成

    20171120_111437

    Key/VisualArt'sの人気作「planetarian」のフル3D VRアニメ化プロジェクトが発表され、クラウドファンディングで支援を実施。スタートして2日経たずして目標金額である1000万円を達成しました。

    「planetarian」は、戦争により荒廃した近未来の廃墟を舞台に、少女ロボットと『屑屋』の男との物語。2004年にゲームで発表され、2016年にはWEB配信及び映画化がされました。アニメ版ではdavid productionがアニメを制作しています。

    舞台は近未来。 宇宙開拓破綻に端を発した世界大戦のため、ほとんどの人間が死に絶え、 地表では雨が降り続いていた。 時が止まったはずの封印都市で、『屑屋』の男が出会ったもの。 それは、無垢な少女の形をした、一体のロボットだった…

    「planetarian」フル3D VRアニメ化プロジェクトでは、アニメ制作及び配給を担当するアスミックエースと共同によるプロジェクトとなっていて、「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」3話で印象的なシーンになるプラネタリウム投影シーン…ロボットのほしのゆめみの星空解説などを、主人公である屑屋の視点で体感できるアニメ動画を制作予定。

    クラウドファンディングでは、3240円~最大で300万円の支援コースが用意されていて、54万円コースや324000円コース、108000円コース、54000円コースなど高額コースはすでに終了しています。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > 新作アニメ(TVアニメ化・劇場アニメ化・OVA化)

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事