なんだかおもしろい

      アニメ『ゆるキャン△』第1話感想 富士山…キャンプしたくなってきた…(ネタバレあり)

      1

      アニメ『ゆるキャン△』第1話「ふじさんとカレーめん」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

      志摩リンは「一人キャンプ=ソロキャン」が趣味の女子高生。11月の寒空にもかかわらず、自転車を走らせて今日は本栖湖でソロキャン。冬のキャンプ場はリンの貸し切り状態だけど、なぜか外のベンチでずっと眠りこけている女の子が……。その子の名前は各務原なでしこ。山梨に引っ越したばかりで、“千円札の絵にもなっている富士山”を見に来たらしい。ひょんな出会いをきっかけに、二人は夜の本栖湖で一緒に過ごすことになり……。

      アニメ『ゆるキャン△』第1話あらすじ

      アニメ『ゆるキャン△』第1話感想

      アウトドアアニメきたーーーーーーー!というわけで、アニメ「ゆるキャン△」第1話が放送開始です。いやぁ、一応元アウトドア…というか、メインはネカフェ、たまに野宿しながらバイクで日本一周した勢としては、こういうアニメには細かいです。ちなみにクロスバイクをロードバイクのドロップハンドルに変更したものにテントとか積み込んで宿泊の旅とかもやってました。どっちかというと、アウトドアじゃなくて旅、なんですけどね。テントとか設営するのめんどくせェってなって道の駅のベンチとかで寝てた…。ぶっちゃけ寝袋あればある程度どこでも眠られる(国内は…)。

      あ、こういう話は参考にしないでね!みんな、アウトドアするならちゃんとテント設営しましょう!

      まあ完全に話脱線したところで、「ゆるキャン△」第1話感想レビューです。一人キャンプ…ソロキャンが趣味の女子高生・志摩リン(しまりん)が、富士山の本栖湖付近でソロキャン中に各務原なでしこと出会う。

      11月なので0度近い寒い環境の中ソロキャンをする志摩リン。富士山キャンプ場のベンチで眠ってる各務原なでしこ。で、なでしこは山梨に引っ越してきたばかりで、いきなり富士山が見たいというだけで行ったら帰れなくなった。そのときに運良くしまりんと出会えたことで、助かったなでしこだけど、このときにキャンプに興味を持つようになった。

      自分はどちらかというとなでしこ寄りな場当たり的な行動派で、なおかつソロじゃないとイライラしちゃうタイプ。しまりんとなでしこのハイブリット…と表現すればいいんだけども、言い方変えると旅行とかあんま楽しめないタイプかも。なので、こういう楽しそうな2人のキャンプを見てたら、なんか嫉妬しちゃうね。うん、正直メッチャクチャ楽しそうだよ。

      アニメの舞台は山梨。正直なところ、メチャクチャうらやましい。なんか、こういう人生送りたかったんだよなぁ~…。でもまあ、ゆるふわ作品見てていっつも思ってるんですけどね。

      アニメ『ゆるキャン△』第1話聖地巡礼・特定情報

      3

      特定情報も何も、完全に富士山なんですが…今回のしまりんのキャンプ先は、本栖湖。ここは富士山撮影のために何度か足を運んだことがあるので、自分としては結構お馴染みです。朝もはよから行って日の出見たけども、キャンプしたらもっと富士山楽しめるろうなぁ。

      20180105_091621

      キャンプ場へ行く時に声をかけていたところは、民宿・浩庵がモデルになっているっぽいですね。

      20180105_090719

      そして、学校へ通うなでしこが通ったところに、山梨の内船駅が登場しました。ここ、実は静岡だと思ってたんですけど、山梨だったのですね…。

      また書くけども、一応山よりの田舎出身のここの管理人としては、富士山近くに生活するってうらやましすぎる!富士山が見えるところに生まれたかった人生だった…。

      1
      3

      ちなみに、ホントもうこれアニメと全然関係ねェ!ってなっちゃうんですけど、実は富士山が大好きで定期的に行っています。一応、カメラで撮影したものをカメラアカウントでアップしてたりするので、興味ある人、チェックしてみてください…!→@dai_cameras

      アンケート

      公式Twitter

      関連商品

      中の人のつぶやきはこちら!


      一言感想をどうぞ


      関連リンク
      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2018年01月05日 15:02▼返信
      自分も自転車にキャンプ道具積んで山間の道路の坂を走ったけど、
      装備の重量もあってかなりきつかった。途中で押し歩き必至。
      しまりんはそれを普通にやれるほどに何回もサイクルキャンプをしてるんだなって思った。
      すごいモチベーションと気力だと思うし、自分もそうありたい。
      2 おもしろい名無しさん 2018年01月07日 17:54▼返信
      管理人さんもかつてバイクとかでキャンプしてそう
      3 おもしろい名無しさん 2018年01月08日 21:01▼返信
      『キャンプ場へ行く時に声をかけていたところは、民宿・浩庵がモデルになっているっぽいですね』
      ってそこ洪庵キャンプ場のキャンプ受付だから当然だろう。

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)