zakuzaku911

    『はたらく細胞』2018年7月よりTVアニメ化 シリウス連載の人気細胞擬人化漫画

    20180119_122126

    清水茜さんの漫画「はたらく細胞」のTVアニメ化が決定。2018年7月より放送されることが発表されました。公式サイトでのアナウンスのほか、YouTubeではアニメ映像も見ることができる特報映像が公開されています。

    また、スタッフ情報も解禁。監督は「DRIFTERS」「ジョジョの奇妙な冒険」などを手がけた鈴木健一さん、シリーズ構成は「ちはやふる」の柿原優子さん、キャラクターデザインは「弱虫ペダル」の吉田隆彦さんが担当。そしてアニメ制作はdavid productionが担当します。david productionは2017年に発表されたアニメPVも手がけています。

    20180119_122106
    20180119_122115
    20180119_122118
    20180119_122122

    『はたらく細胞』とは

    1

    「はたらく細胞」は、清水茜さんが描く、人間が持つ細胞を擬人化した科学漫画。2015年より月刊少年シリウスにて連載されているほか、スピンオフ「はたらく細菌」「はたらかない細胞」も発表されています。

    第1巻あらすじ
    肺炎球菌! スギ花粉症! インフルエンザ! すり傷! 次々とこの世界(体)を襲う脅威。その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか!? 白血球、赤血球、血小板、B細胞、T細胞…etc.彼らは働く、24時間365日休みなく! 連載初回から大反響を呼んだ「細胞擬人化漫画」、待望の第1巻登場!

    TVアニメ『はたらく細胞』スタッフ情報

    原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
    監督:鈴木健一
    シリーズ構成:柿原優子
    脚本:柿原優子、鈴木健一
    キャラクターデザイン:吉田隆彦
    細菌キャラクターデザイン・プロップデザイン・アクション作画監督:三室健太
    サブキャラクターデザイン:玉置敬子
    総作画監督:吉田隆彦、玉置敬子
    美術:アトリエPlatz
    美術設定:曽野由大、橋口コウジ
    色彩設計:水野愛子
    撮影監督:大島由貴
    3DCG監督:中島豊
    編集:廣瀬清志(editz)
    音響監督:明田川仁
    音響制作:マジックカプセル
    音楽:末廣健一郎、MAYUKO
    プロデュース:高橋祐馬
    アニメーションプロデューサー:若松剛
    アニメーション制作:david production
    製作:アニプレックス、講談社、david production

    (c)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年01月19日 12:31▼返信
    漫画の売り方とかCM見てたら既定路線やな
    来年ぐらいにとんがり帽子のアトリエとか空挺ドラゴンズとかがアニメ化だろう
    2 おもしろい名無しさん 2018年01月19日 13:16▼返信
    原作を少し読んだけど、女子向けな感じがして苦手だった
    3 おもしろい名無しさん 2018年01月19日 16:56▼返信
    やったぜ!
    4 おもしろい名無しさん 2018年01月19日 19:03▼返信
    手持ちのコミック次々アニメ化するなぁ
    5 おもしろい名無しさん 2018年01月20日 02:07▼返信
    アニメ化は時間の問題かなぁと思ってたけど思いのほか早かったな
    6 おもしろい名無しさん 2018年01月23日 11:52▼返信
    女ってギンコみたいな白髪片目隠しキャラ好きだよな

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事