なんだかおもしろい

      『FGO』台北ゲームショウのブースがまさにカルデア!宝具&サーヴァント、オルガマリーやロマニパネルなど展示

      DSC_5528

      2018年1月26日〜28日にかけて、台湾。台北市にて「台北ゲームショウ」を開催。会場にて、「Fate/Grand Order(FGO)」のブースが展開していたので、ちょっと撮影してきました。

      台湾や香港版、マカオを対象とした繁体字版が2017年5月にリリースされたFGO。日本とは約1年9ヶ月ほど遅れていて、2018年1月の時点で、第5章まで配信していて、そして日本では2016年に配信された羅生門イベントが、これから始まります。

      DSC_5519

      そんな繁体字版ですが、台湾ではかなり規模の大きいブース展開をゲームショウにて実施。ゲームショウでもかなりの場所を占めていて、その人気っぷりを強く感じます。

      DSC_5520
      DSC_5521

      会場ではステージイベントが行えるスペースに、マシュやアルトリア、ジャンヌ・ダルクの宝具展示、そして様々なサーヴァントのパネル展示コーナーを用意。またブースの至る所にオルガマリーとロマニ・アーキマン、そしてスタッフ全員が白衣を着るなど、まるでカルデア内にいるかのような雰囲気を出していました。

      DSC_5522
      DSC_5523
      DSC_5524
      DSC_5526
      DSC_5527
      DSC_5528
      DSC_5530
      DSC_5534

        

      ちなみに同じタイミングで、上海にて最終章突入のタイミングでの大型リアルイベントを実施。大規模ブースが数多く展開しているほか、ゲストなども多く参加しています。

      ©TYPE-MOON / FGO PROJECT

      中の人のつぶやきはこちら!


      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)