『囚人リク』チャンピオン連載の脱獄漫画、残り2話で最終回 約7年の歴史に幕

    1

    「囚人リク」第1巻

    瀬口忍さんの漫画「囚人リク」が、2月1日発売の週刊少年チャンピオン10号にて残り2話で最終回を迎えることが発表されました。

    20180201_015205

    週刊少年チャンピオン10号では、「最後の最後…リクの背中を押すのは仲間…。最終回まで残り2話!!」と告知されています。

    「囚人リク」とは

    「囚人リク」は、2011年よりスタートした脱獄を題材にした漫画。壊滅した東京を舞台に、隕石墜落孤児となった少年リクが、殺人容疑で極楽島特級刑務所へ収監されてしまうところから物語がスタートします。

    リクが慕う中年警察官「おじさん」を殺した容疑として、警視総監・鬼道院永周によって収監されてしまったリクは、ギャング「ダブルドラゴンクロス」のリーダーであり同じく囚人となっているレノマや、脱獄のスペシャリストである田中一郎らとともに極楽島特級刑務所からの脱獄を目指します。

    単行本は現在第36巻まで発売中です。

    中の人のつぶやきはこちら!


    話題のニュース

    チャンピオン系

    本日のニュース

    コメント

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事