ダンゲロスシリーズ第3作『ダンゲロス1969』横田卓馬さん作画で漫画化!(変態)バトルマンガ、再び…!

    1

    「戦闘破壊学園ダンゲロス」第1巻

    「シューダン!」「背すじをピン!と」の横田卓馬さんの新連載発表!架神恭介さん原作のライトノベル「ダンゲロスシリーズ」の第3作となる「ダンゲロス1969」が、3月6日発売のヤングマガジンサードVol.4にてスタートします。

    横田卓馬さんといえば、2015年~2017年にかけて週刊少年ジャンプにて「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」、そして2017年から2018年にかけて「シューダン!」を連載。「シューダン!」は完結して間もないのですが、早くも新作が登場します。

    「ダンゲロスシリーズ」は、「魔人」と呼ばれる異能力者が存在する日本で、学園を舞台に繰り広げられる戦いを描いています。第1作目となる「戦闘破壊学園ダンゲロス」は、2011年より横田卓馬さん作画で2015年まで連載。単行本は第8巻まで発売されています。

    1

    「ダンゲロス1969」は、1969年の学生運動が活発だった時代を舞台に、「学園自治法」成立を目指す魔人学生たちの戦いが描かれています。シリーズで最も過激な展開となっています。こちらは電子書籍・Kindleでの独占販売で2015年に発表されました。

    舞台は一九六九年。 同級生の死をきっかけに学生運動へと参加する高校生ユキミ。「学園自治法」を目標に学生運動をリードするプロ魔連の議長ド正義克也。学生たちを一挙殲滅せんと動く警視庁魔人公安の恐るべき魔人刑事たち。怪しく危険な動きを見せる革マジの小竹とアーニー。三陣営の戦いは東京大学安田講堂攻城戦にてその頂点へと至る――!空を飛び交う無数のうんこ! 安田講堂を死守すべく露出される女性器! そして、常にまるだしのちんこ! シリーズで最も過激な手加減抜きのエログロバイオレンス! 心温まる恋の物語――!!

    スタッフによるTwitterでは、「そう、ダンゲロスの最新シリーズを横田先生が再び描きます!」「(変態)バトルマンガです!」「ジャンプでの青春ものがお好きな方には刺激が強いかも?お楽しみに!」とつい期待してしまうようなコメントを発表。

    そして当サイトでは、横田卓馬さんのファンということで、過去作品のレビューも書いていますので、興味ある方は是非ともチェックしてみてください。

      

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース

    漫画ネタ > 漫画ニュース

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年02月06日 22:51▼返信
    前作ダンゲロスの感想を書いても良いのよ?
    2 おもしろい名無しさん 2018年02月06日 23:57▼返信
    横山ダンゲロスは好きだけど1969は・・・見たくねぇなあ
    3 おもしろい名無しさん 2018年02月07日 09:11▼返信
    ダンゲロス自体がキワモノ小説なのに1969は輪を掛けて狂ってるんだよなぁ・・・
    4 おもしろい名無しさん 2018年02月07日 10:50▼返信
    ジャンプって専属契約だったよね
    ってことはもうジャンプと袂を別ったか
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事