なんだかおもしろい

      『オーバーロードⅡ』第6話、第7話感想 セバス紳士、王女様まさに王女様(ネタバレあり)

      20180221_112129

      アニメ『オーバーロードⅡ』第6話「拾う者、拾われる者」、第7話「蒼の薔薇」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

      『オーバーロードⅡ』第6話あらすじ
      リ・エスティーゼ王国の王都に滞在し、情報収集を行っているセバスとソリュシャン。ある日、スクロールを購入した帰りに街中を探索していたセバスは裏路地に入り込む。そこで、人目をはばかるように奇妙な布袋が捨てられるのを目にする。その中に詰められていたのは、痛々しい姿の女性だった。救いを求める声に応えたセバスは彼女を屋敷に連れ帰り、ソリュシャンに治療を命ずる。

      『オーバーロードⅡ』第7話あらすじ
      まだ日も昇らない早朝。ロ・レンテ城内の訓練場でラナー王女付きの兵士・クライムは一人で鍛錬に励んでいた。剣の才能がないクライムだったが、忠誠を捧げる王女ラナーを守る力を得るため、ただ愚直に限界まで剣を振るう。そしてラナーは、親友であり《蒼の薔薇》のリーダー・ラキュースの協力を得て、王国を蝕む裏組織《八本指》に対策を講じようとしていた。

      『オーバーロードⅡ』第6話感想

      前回の第6話の感想レビューが書けなかったので、あっさりとですが第6話の感想を…セバスかっけェ!ブレインもうダメだ…。

      20180221_112021
      20180221_112036

      まずセバスね、傷だらけのツアレを目撃して、助けたわけなんだけど、あのアインズ様の部下にしてはらしくない行動(アインズ様だったら助けるだろうけどアインズ様から特に指示受けてないからね…)。ソリュシャンも良くは思っていないみたいだ。でも、助けてくれた。…これ、完全にツアレ惚れたな。

      そしてブレインね。アニメだと第1期のときにシャルティアと戦って、まるで勝負にならず逃亡したんだよね。高みすら見ていないというブレインの気持ち分かる。心折れるよね…。そんな姿を見てすごくニヤついてしまったここの管理人は非常にクソッタレかもしれない。さあ、ここから復活あるのだろうか…。

      『オーバーロードⅡ』第7話感想

      さてさて、そういうわけで第6話から王国編がスタートしている「オーバーロードⅡ」。第7話では、リ・エスティーゼ王国の第三王女・ラナーと、身分は低いけども王国兵士として活躍するクライムが登場。この…この2人見てるとホントにニヤついてしまうこの欲ボ…いやなんでもない。

      20180221_112134
      20180221_112200
      20180221_112234
      20180221_112247

      王国を蝕む裏組織《八本指》と対抗するため、《蒼の薔薇》のリーダー・ラキュースとともに計画を練る…うーん、こう見るとすげェまともに見えちまう!取り乱すというかコメディなのはアインズ様だけだ!

      第6話、第7話と、戦闘シーンなと描かれてきたけども、ここからが本番かな。セバスの戦闘シーン…どこまで見れるだろうか。そろそろ人間共にアインズ様たちの恐ろしさを見せつけてブレインみたいになってもらいたいです!ゲスでごめんなさい!

      公式Twitter

      関連商品

      中の人のつぶやきはこちら!


      一言感想をどうぞ


      関連リンク
      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)