なんだかおもしろい

      2018年冬アニメTOP5 海外はどのアニメを注目する…?

      2018年冬アニメTOP5

      2018年も3月に突入!1月からスタートした2018年冬アニメも、最終回が近づいています。2018年冬アニメの中から最も優れている5作品を、海外メディアがランキング形式で紹介しています。

      第1位は全世界へ配信する『Devilman Crybaby』

      2018年冬アニメTOP5_082525

      第1位は「DEVILMAN crybaby」。「DEVILMAN crybaby」は、漫画「デビルマン」を原作とした、原作者・永井豪さんの画業50周年を記念として制作されたアニメ作品です。TVアニメではなく、動画配信サイト・Netflixにて全世界同時にストリーミング配信が行われています。

      「DEVILMAN crybaby」は基本オリジナルと同じ展開ですが、一部アニメオリジナル展開もあり。そしてトラウマ的衝撃なシーンも数々収録されていて、これらが海外でも注目を集めています。

      第2位は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

      2018年冬アニメTOP5_082548

      第2位に選ばれたのは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。京都アニメーション制作としてハイクオリティなアニメ描写が話題となった作品ですが、海外ではどちらかというと「コミュニケーションの重要性を重視した驚くべきアニメーション」と評価しています。

      第3位は『七つの大罪 戒めの復活』

      2018年冬アニメTOP5_082555

      第3位は、週刊少年マガジン連載の漫画「7つの大罪」が原作となる「七つの大罪 戒めの復活」がランクイン。アニメは第2期になります。

      第4位は『オーバーロードⅡ』

      2018年冬アニメTOP5_082607

      第4位は「オーバーロードⅡ」。アインズは上司、アルベドは最高のワイフ!と、熱く作品・キャラクター愛を持って紹介されています。

      第5位は『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

      2018年冬アニメTOP5_082618

      第5位はオリジナルアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」。「キルラキル」「リトルウィッチアカデミア」など海外で評価の高いアニメを生み出すTriggerがアニメ制作をしていて、さらにロボット・メカアニメということもあり、注目度は高いみたいです。

      その他注目アニメは…

      TOP5圏外ですが、約18年ぶりの新作アニメとなった「カードキャプターさくら」や、海外でも人気の高い「ノーゲーム・ノーライフ」のアニメスタッフが集結した「宇宙よりも遠い場所」、そしてギャグアニメとして一大センセーション(混乱?)を起こす「ポプテピピック」も、今回紹介しています。

      あなたが注目する2018年冬アニメは?

      中の人のつぶやきはこちら!


      一言感想をどうぞ


      関連リンク
      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2018年03月01日 13:00▼返信
      何故全て日本アニメなのだ?海外アニメ全く無いヤン。
      2 おもしろい名無しさん 2018年03月01日 13:07▼返信
      ※1
      アニメーションとアニメは異なるカテゴリーな場合が海外の通販サイト、動画サイト等で多々ある
      3 おもしろい名無しさん 2018年03月01日 17:22▼返信
      一方日本萌え豚
      「ゆるキャン!よりもい!」
      4 おもしろい名無しさん 2018年03月02日 19:40▼返信
      害人ッて自国アニメは意地でも観ないよな

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)