なんだかおもしろい

    『Fate/EXTRA Last Encore』第6話感想 第三階層、独特な世界の中、かわいい女の子が!(ネタバレあり)

    『Fate/EXTRA Last Encore』第6話感想(ネタバレあり)

    アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』第6話「永久機関・少女帝国―クイーンズ・グラスゲーム―」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    『Fate/EXTRA Last Encore』第6話あらすじ
    ダンとロビンに勝利したハクノたち。 第二階層で命を落としたマスターの遺志と共に在ると決めたラニ=Ⅷを残し、 ハクノとセイバーは次の階層に向かう。 第三階層は亡霊集う夢の跡地、通称・名無しの森。 リンによると、コードに紛れたバグであるサイバーゴーストがでるという。 森の中にある荒廃した城へ辿り着き、城内を探索していたハクノは人影を見かけ追いかけるが――

    『Fate/EXTRA Last Encore』第6話感想

    シンジ&ライダー、ダン卿&アーチャーと続いた「Fate/EXTRA Last Encore」だけど、ついに第6話…FGO的に言うなら、育てに育てた子がようやくTVアニメとして登場してくれるので、親心ではちきれそうな気分になっちまう!…だけどまあ、幸せな話になるとは中々思えないのでね…。

    ダンとロビンに勝利して、第二階層から次の階層へ。ちゃっかりリンもついてきているのはとりあえずスルーするとして…第三階層はなんだか幻想的な空間…というかこれは劇団イヌカレー空間じゃないのか!?

    想像通りイヌカレー空間でした。霊集う夢の跡地、通称・名無しの森ということで、おとぎ話のような世界はシャフトとイヌカレーを組み合わせた世界とマッチングしすぎてるので、これはもう最高なんじゃないかと。

    そして出会うのは、白い少女…

    ありすちゃんかわいいいいいい!!!!!…ということで、ありすちゃんが登場しました。かわいい…ただただかわいいよありす…

    しかし何か違和感が…第三階層にはサイバーゴーストと呼ばれるSE.RA.PHに出現する「幽霊」がはびこっているんだけど、このありすはもしかして…。で、SE.RA.PHで生まれたゴーストではないものの、地上から月に昇る過程でゴースト化した存在とか。というか、千年前の聖杯戦争に記録されている…。

    千年前の聖杯戦争において、第3階層まで到達したと記録されているマスター。 ゴーストではあるがSE.RA.PHで生まれたゴーストではなく、地上から月に昇る過程でゴースト化していた為、自由に移動できる希有な存在だった。 生存競争には向かない性格だったが、マスターとしての性能は破格・規格外のものだった。彼女を相手にしたマスターは『戦闘行為』にすら辿り着けなかったという。

    謎が多い…

    ありすちゃんかわいいいいいい!で感想終わらせればいいのだけども…もう聖杯戦争から1000年後っていうのが明らかになってきたせいか、事前情報がまるで役に立たないというか想像できないというか…いや、ストーリー的にはちゃんと追っかけてる感はあるのだけども、なんというか…。

    ハクノは一体何なんだ…過去の3回戦では何が起きたのか…というかあの回想みたいなものは本当なのか…よく分からん。というか、第1話から、分からんこと多すぎな気がする。IQ低めで国語苦手なここの管理人には結構きついかも!

    それはそれとして、そろそろキュ○べえ登場しそうで怖いです!

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年03月11日 03:17▼返信
    ありすと遊んでる時の白野はハクノと令呪の形が違う
    表情も柔らかい

    過去のありすと白野の思い出をハクノが追体験してる形か

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)