なんだかおもしろい

    フジテレビが新アニメ枠+Ultraを発表!2018年10月より新作アニメ「Ingress」「evisions リヴィジョンズ」「キャロル&チューズデイ」を放送

    2018年3月8日に「“Plus Ultra〜フジテレビ アニメラインナップ発表会2018〜」が開催され、新作アニメ情報が続々と解禁!個別で記事化した「PSYCHO-PASS サイコパス」「甲鉄城のカバネリ」以外の新作アニメのほか、新たなテレビアニメ枠も発表されています。

    フジテレビの新たなアニメ枠『+Ultra』(プラスウルトラ)

    +Ultra」は、フジテレビのTVアニメ枠「ノイタミナ」に続く新たなTVアニメ枠。「ノイタミナ」以来13年ぶりの新たな枠として、「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトのもと、高品質で世界基準のアニメ作品を、日本だけでなく全世界に向けて発進していくとのことです。

    大友克洋さんがタイトルロゴ&ムービングロゴをディレクション。その動画がYouTubeにて公開されています。

    「+Ultra」は2018年10月より放送をスタート。後述する新作アニメ「イングレス」「evisions リヴィジョンズ」「キャロル&チューズデイ」などが発表されていて、こちらの枠にて放送を予定しているとのことです。

    位置情報ゲーム『イングレス』がアニメ化

    20180308_223803

    Niantic社が提供し全世界にファンを持つスマホ向け位置情報ゲーム「イングレス」のTVアニメ化が決定しました。2018年10月より「+Ultra」にて放送されます。監督は櫻木優平さん、制作はクラフターが担当します。

    2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。 ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。 『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。XMは、人類の希望または脅威とされ、大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。 XMの力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。XMを脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。この世界で起きている争いの背後には、XMの存在があったのだ。 そして、2018年──。東京、そして世界を舞台に、XMをめぐる新たな戦いが幕をあける。アニメーション、オンライン位置情報ゲーム、そして現実がリンクする、かつて体験したことのない新たな「拡張現実エンターテインメント」が、始まる。

    新作アニメ『revisions リヴィジョンズ』2019年1月放送

    20180308_224732

    「+Ultra」枠にて2019年1月より、新作アニメ「revisions リヴィジョンズ」の放送が決定しました。青春”災害”群像劇な作品となっています。

    現在、渋谷の街を俯瞰で描いたティザービジュアルと、突然当たり前の日常が終わりを告げるインパクトあるPVが公開されています。

    「これは予言よ。あなたたち五人に、いつか大変な危機が訪れるの。そのときみんなを守れるのはあなた」幼いころ誘拐された過去をもつ高校2年生・堂島大介は、幼なじみのガイ、ルウ、マリマリ、慶作とともに、不可思議な現象──「渋谷漂流」に巻き込まれる。 渋谷の中心部が跳ばされたのは300年以上先の「未来」。そこで待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟……そして、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。理由もわからぬまま化け物に蹂躙されていく渋谷を助けようと現れたのは、誘拐事件の大介の恩人と同名で瓜二つの少女・ミロ。彼女は、大介たちだけが操縦できる人形兵器「ストリング・パペット」を提供し、渋谷を守れと促す。誘拐事件の恩人──ミロによる予言「仲間を守る運命」を信じて生きてきた大介は、ついに訪れた危機と手に入れた力に歓喜する。しかし、幼なじみ5人の絆は誘拐事件の影響でバラバラとなっていた。孤立した街。未知の敵。未確定な過去と運命の予言。少年少女たちは、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦う。必ず、元の時代へ戻る──

    監督は谷口悟朗さん、CG監督は平川孝充さん、シリーズ構成は深見真さんと橋本太知さん、キャラクターデザインは原案近岡直さん、アニメーション制作は白組が担当します。

    新作アニメ『キャロル&チューズデイ』2019年4月放送

    20180308_224256

    「+Ultra」にて2019年4月より、新作アニメ「キャロル&チューズデイ」の放送が決定しました。

    総監督は「カウボーイビバップ」「サムライチャンプルー」などを手がけた渡辺信一郎さんが担当。そして脚本は渡辺あやさん、キャラクター原案は窪之内英策さん、そしてアニメーション制作はボンズが担当します。

    さらに登場キャラクター、キャロルとチューズデイの2人の歌声を募集するボーカリストオーディションの開催が決定。こちらは全世界が対象で、グランプリ受賞者はCDデビュー化が行われます。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 加津庸介 2018年03月10日 13:54▼返信
    Ingressアニメ化するのかよw
    2 欅解説者 2018年03月14日 00:03▼返信
    私としては、「キャロ」と聞くと「てち=平手友梨奈」思い出すわ〜。
    ・・・あああああ!!!!!もしや、てち、最近見ないのはこのオーディションに参加して、世界進出目指してるのか⁈
    だから、現在、ボイストレーニング中でーんなワケ無いか‼︎失礼しました。

    でも、だとしたら、てちが欅坂を留守にしていて、そしてその事情を運営が何一つ教えてくれ無いのが頷けるんだよなー。
    って、こういうのは欅関連のまとめサイトで描き込んどきますm(_ _)m

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)