zakuzaku911

    『Fate/EXTRA Last Encore』第7話感想 誰かの為の物語―ナーサリー・ライム―(ネタバレあり)

    1

    アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』第7話「誰かの為の物語―ナーサリー・ライム―」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    『Fate/EXTRA Last Encore』第7話あらすじ
    何かがおかしいと思いながらも名無しの森の探索を続けるハクノたちだったが、 突如「殺しても殺せない怪物」に襲われる。 セイバーが斬りかかるも、スタート地点まで戻されてしまう。 リンは、怪物の正体である“ありす”が『この一日』を繰り返していることを思い出す。 事態を打開すべく探索を再開する中で、ハクノは自分が憎しみだけで上を目指していることを吐露する。

    『Fate/EXTRA Last Encore』第7話感想

    1

    そうか、もうありすは死んでいるからこういうことになっていたのか…。

    第6話、第7話と、ほとんどと言っていいほど戦いのシーンはなく、ありすの回想シーンを中心に、まるで魔法少女が魔女になっていくかのようなシーンで…第7話はホントに悲しさが満ちていた。

    ありすの過去は悲しみを感じるけども、ハクノたちからしてみたら怪物と戦うだけの戦い。こう、ありすの悲しみとか全然感じさせないというか分からない感じで描かれていて…余計辛い。

    なんか悲しみにあふれている中での最後の戦い…リンがゲイボルクしたのでビビる一方で、あっけなくも終わって第三階層が終わったのは…。

    さすがに今回ばかりは分かりづらかったので一言だけ。

    というわけで、一言も追加しておきます。悲しいことではなかった…とは言ってるけど、自分は全力で悲しさMAXなのでこの気持ちどうしよう…。まあどうしようもないので、次の第四階層からの戦いを見届けます。

    ちなみに、シャフト&劇団イヌカレー空間、そして声優的な繋がりでアリスの「私を置いて行かないで!」とか聞いたら、完全に杏子を思い出してしまうのは仕方のないこと。Fate作品を見ているというよりも、別の魔法少女を見ているかのような気分になった人は多いハズ。

    公式Twitter

    関連商品

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年03月11日 23:20▼返信
    感情移入できない主人公、露骨な説明役の凛、シャフトの悪癖
    2 おもしろい名無しさん 2018年03月12日 03:56▼返信
    つまり。。どういうことだってばよ!って感想に尽きる。
    2.3回見れば分かるもんなんかね。
    3 おもしろい名無しさん 2018年03月12日 05:12▼返信
    つまり、こういう事じゃないか

    ①ありすは、千年前、原作の主人公の白野(仮定)と仲良くなる 自ら不戦敗になり再会の約束をして白野を上に行かせる
    ②チャクラ・ヴァルティンの影響で消えかけたありすは、セラフ内の様々なモノを吸収して自分を維持しようとする その果てにマスターすら食らう怪物に変質した 
    ③前回からハクノが体験していた「ハクノとありすが遊ぶシーン」は実際は「過去に白野とありすが遊んだ思い出の追体験」 ハクノと白野は令呪の形が違う
    ④赤セイバーは原作のラスボスに敗北した経験がある 第1話のアバンはその時のシーンで間違いなさそうだが、その時のマスターは女性主人公だった
    ⑤リンはなぜかランサーの能力を限定的に使える ゲイ・ボルグで怪物ありすの因果を縫い止め、即死させようとするが、怪物ありすはそれでも巻き戻しの宝具を使おうとする
    ⑥怪物ありすが最後に巻き戻しの宝具を使わなかったのは本を持ったハクノの姿に白野を思い出したから? あるいはハクノは白野がラスボスの宝具で転生した存在で、ありすは再会の約束が叶ったと気づいたのかもしれない 
    4 おもしろい名無しさん 2018年03月12日 05:37▼返信
    ループじゃなくてリトライってのは主人公にも当てはまってそうだよな
    第1話のアバンと今回のネロのセリフでネロは一度ラスボスに負けたのが確定だし

    他にも、ダンとロビンを倒した時の主人公のサーヴァントのシェルエットは鈴鹿御前だったし
    5 おもしろい名無しさん 2018年03月12日 06:53▼返信
    fgo二部のCMあったけどあの2人誰だろうな
    6 おもしろい名無しさん 2018年03月13日 05:46▼返信
    公式サイトの用語解説を見てもハクノは確実に「ありすの過去」を追体験してます
    つまりアレは単なる過去回想ではなく、ハクノはありすの過去と境遇と悲しみを知ったんです

    つまり、あの怪物をありすと認識した上で倒してます
    リンも「私も思い出した あの城にはもう誰もいない 救うべきも語るべきも何もない」と、
    怪物がありす自身でもう救いようがない事を理解してるセリフを口にしてます

    哀れな少女を手にかけてでも上に昇る事を選択したハクノ
    だからこそ彼は憎しみだけでなく希望を持って上を目指すのだと告げたのでしょう 
    偽物であっても希望を持って上を目指すと告げた「ありすのお兄ちゃん」と同じように……
    そして、ありすは自分が置いて行かれるのではなく、希望を見送るのだと理解し満足して逝ったんですよ
    7 おもしろい名無しさん 2018年03月26日 00:23▼返信
    7話でまとめ止まって笑った

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事