アニメ『こみっくがーるず』第2話感想 東京って怖いよ(ネタバレあり)

    1

    アニメ公式Twitterより

    『こみっくがーるず』第2話「今日から学校でした」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    アニメ『こみっくがーるず』第2話

    というわけで2018年春の癒やし…というかきらら枠アニメ「こみっくがーるず」第2話です。第1話だと、女子高生4コマまんが家の萌田薫子が東京へやってきて、まんが家専用女子寮に入京して、女子寮にいた少女漫画家の恋塚小夢、TLまんが家の色川琉姫、少年漫画家の勝木翼、そして寮母の花園莉々香と交流を深める、1話としてはなんとも幸せな展開が描かれていたのですが…第2話はですね、東京観光するのですよ。

    田舎出身者が東京へやってきて最初に感じることは、電車の怖さ。人があんだけ多いと、電車から出るのはキツイ…。都会怖い、分かる分かる。

    ちなみに作画というか、舞台描写がすごいリアルで、自分あの辺(文京区)に住んでたこともあって、超絶納得してしまった。大きな本屋=アニメイトっていうのもね、なんかすごいリアルで分かる。ただ大きな本屋さんでアニメイトとは…。そりゃあ漫画の品揃えは都内トップクラスだろうけど、福島にはそれに匹敵する本屋ないだろうけど、福島にあるアニメイトとかあんまり大きくなかった気が…。

    女子寮メンバーで本屋へ行き、そして画材を購入して、楽しんで…こういう姿を見ていて思うのは、「自分も高校生ごろに画材をゲットして本気でイラストを描いていたら今頃…」「いや画材じゃなくてペンタブとフォトショ持ってたら…」という気持ちがあったり。自分はもう漫画もイラストも描けねェ人なので、若いころにもっと描くことに興味を持っていたら…。

    そしてBパートは学校へ。東京へやってきた子の入学シーンはあるあるですね。ただ入学がGWからだったとは…。そして入学の挨拶で戸惑うあたりお馴染みの展開でよく見るのだけども、やはり見るたびに「ああ恥ずかしい…」って同調しちゃう。いきなり話しかけられて緊張してしまう性格とか、なんかすごい分かる。趣味とか言われてもフィギュアとかコスプレとか思い浮かべてしまうのは、オタクだから(その業界にいるから)仕方ない。ただその中には例外もいるんだ…。

    とまあ第2話ものほほんと楽しませていただきました、「こみっくがーるず」。ただ入学のタイミング、GWじゃなくて4月にすべきだったのでは…それでは目立ってしゃーないのでは…。

    公式Twitter

    関連商品

    ©はんざわかおり・芳文社/こみっくがーるず製作委員会

    中の人のつぶやきはこちら!


    一言感想をどうぞ


    関連リンク
    話題のニュース

    アニメネタ > アニメ感想 ネタバレあり

    本日のニュース

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年04月14日 13:42▼返信
    ひなこのーとだよね
    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    最新人気記事