zakuzaku911

    『ガンダムビルドダイバーズ』第2話感想 トランザムの使うもの(ネタバレあり)

    『ガンダムビルドダイバーズ』第2話「百鬼オーガ」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    初めてのGBN体験を振り返るリクとユキオ。そんな彼らの前にサッカー部への勧誘を狙うモモカが現れるが、GBNへの歩みは止められない。再びディメンションにダイブしてサラと再会した2人は、ガンプラバトルではなくキーアイテムの収集を目的とするコレクトミッションをプレイする。

    『ガンダムビルドダイバーズ』第2話感想

    1

    いやぁ、第2話は完全なトランザム回でしたね!

    トランザムシステムとは、『機動戦士ガンダム00』に登場する、 ソレスタルビーイング所属のガンダムと艦船及びイノベイター側のMSにおいて搭載されているシステムの事である。

    第1話で、GBN(ガンプラバトル・ネクサスオンライン)を経験したリクとユキオは、どんどんガンプラにハマっていく…そのときに、このアニメのメインヒロインであるモモカがサッカー部へ勧誘してくるかもしれないけどもそんなの関係ねェ!いやこのまま「あの二人何やってんだろ…」みたいな感じでハマっていくんでしょ!そして3人で一緒になって戦うんでしょ!ぼくちん分かるよその展開!…と予想してたんだけど、もうコスプレしててガンプラの世界にハマりつつあった。やったね!

    …で、第2話ではGBN内で出会った少女サラとともに、バトルではなくてディメンションの全体マップを使ったコレクトミッションを行う。しかし、採取か…って思いがちだけど、GBNってガンプラに乗りこんだ気持ちになれるので、それだけでも最高なんぢょなぁ。ガンダムの手のひらに乗れるとか、最高じゃん。

    ちなみにそのときに、トランザム起動しようとするんだけど、サラが「その子が苦しがってる!」と拒否。そうだよトランザムって不安定なんだよ…。そんなトランザムを使わないでっていう言葉、後にフラグになるんだけども…。

    第1話にて戦ったドージの兄・オーガと戦うことになり、予定通りというかフラグ立っちゃったので仕方ないのだけども、トランザム起動することに。相手もしたんだけおdも、まさか第2話にしてここまでトランザム合戦になるなんて…。しかし「トランザムは使うなよ!」「了解!トランザム!」の流れは再現せざるをえないからしゃーないね。

    トランザムにコーラサワー、00ネタが盛り込まれていて楽しそう。何よりGBN自体がガンダムの世界を再現してるので、これで名言合戦して楽しそうで仕方ない。ただトランザム封印して、果たしてこれからの強敵に勝てるのだろうか…ああそうか、まだ対抗できるシステム山程あるか…あるか?

    公式Twitter

    関連商品

    © 創通・サンライズ・テレビ東京

    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事