zakuzaku911

    「蟲師」作者待望の新作は不思議な現象を解決するお仕事マンガ!「猫が西向きゃ」アフタヌーンでスタート

    1

    アフタヌーン 2018年6月号より

    「蟲師」で知られる漆原友紀さんの新連載「猫が西向きゃ」が、4月25日発売の講談社・月刊アフタヌーン6月号よりスタートしました。

    月刊アフタヌーンの表紙では、「世界はBeautifulさ。」とともに、キャラクターの近藤ちまとヒロタのビジュアルが登場。また初回は表紙だけでなく巻頭カラー、そして一挙2話が掲載されています。

    漆原友紀さんといえば、代表作である「蟲師」を1999年よりアフタヌーンにて連載。「蟲師」は2005年、2006年とTVアニメが放送され、2014年には特別放送「蟲師 特別篇 日蝕む翳」と続編となる「蟲師 続章」が放送されています。

    また「蟲師」は2007年に大友克洋さん監督で実写映画化も行われていて、主人公のギンコ役をオダギリジョーさんが参加しています。

    久しぶりの新作となる漆原友紀さんの漫画「猫が西向きゃ」。「フロー」と呼ばれる不思議な自然現象が起こる街を舞台に、フロー解決のためにバイトとして訪れた近藤ちまと、フロー処理業者のヒロタが原因と大作を探ります。

    お仕事を発信するTwitterでは「皆さまお久しぶりでございます。漆原でございます。長らくご無沙汰しておりましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?  私は四月から、連載を始められる事になりました! 猫とか現代地方都市の風景とかたくさん出てくるまんがです。どうぞよろしくお願いします」とコメントをされています。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事