zakuzaku911

    CGを駆使した異例の生放送ドラマに!「銀河鉄道999」栗山千明さん、前田旺志郎さん出演

    1

    スカパー!公式Twitterより

    松本零士さんの漫画「銀河鉄道999」の実写ドラマ化が決定しました。「銀河鉄道999 Galaxy Live Drama」が2018年6月18日20時より、BSスカパー!にてまさかの生放送が行われます。

    キャストでは、メーテル役を栗山千明さん、鉄郎役を前田旺志郎さんが担当。さらにクイーン・エメラルダス役を凰稀かなめさん、機械伯爵役を染谷俊之さん、大山トチロー役を橋本じゅんさん、アンタレス役を宇梶剛士さんと、豪華キャストが集結。栗山千明、さんと前田旺志郎さんはどちらも生ドラマ初挑戦ということで、どのようなドラマが描かれるのか注目です。

    ほか、製作チームにザ・ワークスが参加、そして生放送ながら、日本映画界屈指のクリエイターが壮大な世界観をCGで表現します。

    生ドラマは60分の放送を予定。その後はトーク番組を30分予定しています。

    栗山千明さんは「メーテルは憧れの存在だったのでお話をいただいて驚きました。光栄ですし、恐縮ですし、嬉しい気持ちとともに、多くのファンがいる作品ですので、ご期待にそえるように頑張りたいと思います。」とオファーについて驚きのコメント。さらに「生ドラマは初めての挑戦で、どうなるか未知数です。今は不安の方が大きいですが、これから稽古を通してアドリブが出せるくらい余裕と自信を持ってお届けできる作品に仕上げていきたいと思います。」と意気込みを語っています。

    また前田旺志郎さんは「誰もが知っている作品の実写化を、まさか自分がやらせていただけると思っていなかったので、「嬉しいな」と思ったのと同時に、「生半可なことはでけへんな」と思いました。」と緊張のコメント、そして「初めての生ドラマ、どうなるか僕自身わからないですし、不安です。ですが、皆さんが想像している鉄郎、何事にもまっすぐで周りの人を巻き込むような熱い気持ちを、皆さんに伝えられるように体当たりで演じたいです。是非、見てください。」と意気込みをコメントされています。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事