zakuzaku911

    『オーバーロードⅢ』第1話、アインズ様がすぐに戻ってきてくれたぞー!

    20180710_231311

    アニメ「オーバーロードⅢ」第1話「支配者の憂鬱」の感想レビューです。ネタバレを含みますので読む場合は注意してください。

    ナザリック地下大墳墓の最高支配者アインズ・ウール・ゴウン――この偉大な主に仕えることはNPCにとって存在意義であり、誇りである。DMMO-RPG《ユグドラシル》から転移して以来、アインズはそんなNPCたちの期待を裏切らないよう、偉大な支配者を演じつづけている。一方で、喜んで不眠不休で働く彼らの意識を変えたいと考えていた。そんなアインズは手始めにリ・エスティーゼ王国の一件の働いた者たちに報酬を与えねぎらうことに。

    「オーバーロードⅢ」第1話感想

    20180710_231318

    嬉しすぎる、いや嬉しすぎるもすぎすぎる。

    「オーバーロード」アニメ第1期が放送されたのが2015年、そして第2期が2018年1月で、それだけですごく嬉しかったんだけども、さらに1クール空けての第3期が2018年7月から放送…まさかまさか、すぐこんなに第3期放送だなんて、嬉しすぎるっての!

    20180710_231314
    20180710_231340
    20180710_231353

    …というわけで第3期なのですが、一体どんな内容か…と思ったら、アインズ様とその配下の日常でした。な、なんて平和な世界なんだ…。

    第2期のあの争いの後なので、すぐに戦闘シーンが描かれるかと思いきや戦闘ではない日常…正直なところ拍子抜けしたところはあります。だってですね、PVの意気込み感やばかったじゃないですか!これほどまでに熱い展開がまた見れるって思ったらワクワクするじゃないですか!…と思ったらですよ、アルベドとシャルティアの処女判明とか、威厳を保とうと努力しているアインズ様とかさ…。

    でもこれ見たかったんでね、OKです。アカン、次回楽しみ…!

    © 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会

    オーバーロードIII Blu-ray&DVD
    KADOKAWA メディアファクトリー(著)
    KADOKAWA メディアファクトリー
    オーバーロード 1~13
    丸山 くがね,so-bin(著)
    KADOKAWA / エンターブレイン
    オーバーロード(9) (角川コミックス・エース)
    深山 フギン,大塩 哲史,丸山 くがね,so-bin(著)
    KADOKAWA / 角川書店
    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年07月12日 00:19▼返信
    オーバーロードは格好いいバトルシーンなんかも勿論素晴らしいですが、こういう日常回も最高ですね!キャラの個性が強いので、非戦闘時の素が出るときが生き生きしてますし。
    2 おもしろい名無しさん 2018年07月12日 02:15▼返信
    たまにはこういう日常回見たかった。
    でも三期最初の回だったからもうちょい派手だったり迫力あるバトルシーンとか見たかった
    3 おもしろい名無しさん 2018年07月16日 00:53▼返信
    アルベド、うえにまたがるだけできもちいいいー!って…
    4 おもしろい名無しさん 2018年07月18日 02:30▼返信
    日常系の良さが初めて理解できた。

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事