zakuzaku911

    アニメ『バキ』第6話、花山もスペックも、片平巡査も素敵すぎでしょ!(ネタバレあり)

    1

    TVアニメ『バキ』第6話「片平巡査の報告書」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    激しさを増していく花山とスペックの闘い。その死闘の中、スペックは警察署内から盗んできた銃弾を花山の口内へとぶち込み、破裂させる。辺りに爆裂音が鳴り響き、立ち込めていた煙が払われると、そこにはもはや人とは呼べない一匹の怪物が立っていた……!

    アニメ『バキ』第6話感想ッッ

    見たかった「バキ」花山薫VSスペック、もう見れて見れて、満足です…。

    スペックの銃弾を受けて(口の中に入れられて)バァァンされても動じることなく戦う花山。ぶっ倒したところで警察署まで運んでいき、そして…第2ラウンドスタート!

    ここからのスペックがホントに恐ろしかった。スペックをびびらせるほどふっとばしたんだけど、ここから拳銃に閃光弾と使って花山を追い詰めるシーンは、ホントにホントに恐ろしかった。マジでこのとき、花山死ぬと思ったよ。でもここで、花山の代名詞・握撃を披露して…勝利。花山、マジでかっこよかった。

    1

    花山がなぜ人気なのかがわかる素晴らしい戦い。そりゃあ花山のファン増えるよ。キャイ~ン天野さんもファンになるよ…。

    片平巡査が味を出しまくってた

    2
    3

    そうそう、今回はキャイ~ン天野さんが片平巡査を演じたんだけども、これがまたホントに良かった。なんかもう…いきいきとしてた。いきいきとしすぎてて違和感なかった。片平巡査、花山のことマジで好きなんだなぁって。つまりは天野さん、花山のこと大好きなんだなぁって。

    インタビューも含めて、片平巡査はホントに好きでした。

    © 板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会

    関連商品

    新装版 バキ 1~
    板垣恵介
    秋田書店
    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事