なんだかおもしろい

      熱い感動をありがとう…『ケンガンアシュラ』ついに完結 6年もの間追いかけた格闘漫画について語る(ネタバレあり)

      20180816_195158

      裏サンデーより

      小学館の裏サンデー及びマンガONE創設から連載され、2019年にもTVアニメ化が決定している「ケンガンアシュラ」がついに最終回を迎えました。連載6年もの間、すごく楽しませていただきました。ありがとうございました。

      7月にアメリカ・ロサンゼルスで行われたアニメ「ケンガンアシュラ」2話3話を見て感動した中での最終回告知。そしてそこから1ヶ月で最終回…ここの管理人が愛した格闘漫画について、ちょっと感想を書きます。一部ネタバレを含むので読む場合は注意してください。

      ケンガンアシュラとの出会い…すべてはここから始まった

      「ケンガンアシュラ」との出会いは、裏サンデーが立ち上がった2012年4月…ではなく、実はもっともっと前からです。WEB漫画を集めた新都社にて連載されていた、サンドロビッチ・ヤバ子さんによる漫画「求道の拳」がすべての始まりです。

      20180816_192419

      「ケンガンアシュラ」関連で感想レビューを書くたびに書いているのですが、原点はここにあります。例えば絞殺王・今井コスモの師匠として登場する暮石光世は、「求道の拳」で屈指の”狂いすぎる”人気キャラでしたし、若槻武士がかつて所属していたフルコンタクト空手団体・六真会館は「求道の拳」では最強クラスの男たちが所属していますし、別漫画関連で発覚したんですけどガオラン・ウォンサワットは真備覇楽と同門ですし、プロレスラー蔵地駆吾なんて、本家以上に出演してる気がするくらい出てますからね。

      WEB漫画に飢えに飢えてた自分が当時最もハマっていたといってもいい「求道の拳」の流れで、「ケンガンアシュラ」にハマるのはもう必然だったんだろうなぁって思います。あの衝撃の第1話から、もう6年か…。

      最終回感想 マジか…。

      20180816_194744

      最終回感想というか、最終回直前からもう辛くて辛くて…十鬼蛇王馬、最後に黒木玄斎との戦いのあと、深い眠りについたんですよね。…辛い、辛すぎる。

      もうぶっちゃけ言うと、王馬の実力は認めているものの、どこか優遇されてるよなぁって思うキャラでそんなに好きではなかったです。今井が負けたときなんか、もうホント悔しくて…主人公補正かよとか思ったときもあります。でも…でも、王馬最後の戦いは、誰がどう見たって勝利できるようなものではなかったし、そもそも相手の黒きは最強と言われていた滅堂の牙・加納アギトをギリギリながらも勝利してるんですよね。そんな相手に勝てるわけねェ…そして王馬、主人公補正とか関係なく勝利することは叶わず。

      だけど最後の戦いは、結構というか相当感動した。俺たちのはじめちゃんが治してくれると淡い期待を持っていたんだけども、王馬は助からなかった。これは悲しい…。

      そして明らかになる衝撃の終わり方

      20180816_194930

      王馬はもういない…が、まだ「ケンガンアシュラ」は終わらねェ!最後に大きな謎、そして巨大組織がチラリと出てきて、完結…これは続編への架け橋。実際に作者も続編の話を出してますし、これからですよ「ケンガンアシュラ」はァ!

      ちなみにここの管理人的に言うと、「ケンガンアシュラ」はトーナメント後もまだまだ続くって思ってました。なぜならこの話の流れは「求道の拳」と同じだったからです。つまりこれからの戦いは、トーナメントで戦った闘技者たちが一緒になって、巨大組織にと対決する流れ…昨日の敵は今日の友、ここからが面白くなるのですよ!

      今井もそうだけど、理人やアギトの成長に期待せざるを得ない。四代目滅堂の牙・王森正道の実力がついに明らかになるか!?あと暮石さんのサブミッションハンターっぷりを見せてくれェ!

      最後に

      好きなキャラが多すぎ、ベストバウトなんて決められねェ、桜お姉ちゃんの年齢と今後が心配でならねェ…と、言いたいことはたくさんあるんですけど、これから始まる続編に期待し、さらにアニメにも期待して、次なる展開を楽しみにしたいと思います。

      「ケンガンアシュラ」…すごいいい漫画に出会えて幸せでした。これからもよろしくお願いします。

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      ケンガンアシュラ(25) (裏少年サンデーコミックス)
      サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん
      小学館
      ¥ 616
      ケンガンアシュラ 1~
      サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん
      小学館
      ¥ 616
      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2018年11月15日 21:46▼返信
      ケンガンアシュラ、自分も紹介から読み始めましたが面白かったです。ラストは切なさもありましたが、一つの物語できっちり区切りをつけて終わらせたという意味では綺麗な終わり方でもありました(まあ、長く続いている格闘漫画が軒並み駄目になっているというのを見たせいかもしれませんが)
      これからのケンガン関係のニュースも楽しみにしております。

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)