zakuzaku911

    アニメ『バキ』第8話感想 神心会のデンジャラス・ライオンがかっこよすぎだろオイ!(ネタバレあり)

    1

    TVアニメ『バキ』第8話「試合と本番」の感想レビューです。ネタバレを含みますので、見る場合はご注意ください。

    柳龍光との闘いの後、渋川、花山、烈、独歩たちと共に徳川家へと集合した刃牙。光成を中心にして、目の当たりにした最凶死刑囚たちについて話し合っていると、その場所にドリアンがたった一人で厳重な警備を突破し、乗り込んでくる。

    アニメ『バキ』第8話感想ッッ

    2

    ちくしょう!加藤がかっけェじゃねェかッッ!どうしてこんなにかっけェんだよ神心会のデンジャラス・ライオンよォ!

    はい、来ました…ドリアン大活躍回です。警備の役立たず(Cドンケツ加納秀明含む)をぶちのめしたところで徳川家にやってきて、襲いかかってきたところで貴重な無精髭状態の愚地克己登場!そして師匠こと加藤も一緒にやってきて、ドリアンをボコボコ…いや切り刻んでしまった。

    3

    いやぁ、加藤かっけェ…グラップラー時代はそんなに強さ感じなかったんだけどさ、2部入ってからはホントにかっけェ…。ドリアンをボコボコにしたとき、「お前…夜叉猿にダメージ与えられてなかったくせにこんなに強くなりやがって…」って思った。

    あとですね、加藤と克己がアラミド繊維で引き裂かれそうになったところでアラミド繊維を切った独歩ちゃんの「ドゥユーアンダスタン?」もちゃんと聞けたし、満足ですよ。チュドッもね。

    加藤…次回が本番だから…まあ、がんばれ。

    ちなみに徳川のじっちゃん…一応花山は勝利したんだからさ、パンチする相手は花山じゃなくてバキにしてあげてほしかった…。

    © 板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会

    関連商品

    新装版 バキ 1~
    板垣恵介
    秋田書店
    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事