zakuzaku911

    『バキ道』1~5話感想 新シリーズのお相撲編開幕ッッ!どうしてこんなすげェ奴が今まで出てこなかったッッ(ネタバレあり)

    20181004_214903

    バキの新シリーズが始まっちまったじゃねェかッッ! 「刃牙道」完結より約半年…新たなるシリーズは「バキ道」だッッッ!

    以下、「バキ道」感想レビューになるから読む場合は注意しろッッ!

    バキ読み放題だァァァァァ!『グラップラー刃牙』から『刃牙道』まで100冊以上が5日22時まで読み放題に! : なんだかおもしろい

    考えるなら読めッッッ!新シリーズが本日10月4日発売の週刊少年チャンピオン45号よりスタートした「バキ」シリーズですが、過去のシリーズ合わせて100冊以上が無料本として配信スタートしました!【超速報】Kindleで「グラップラー刃牙」「バキ」「範馬刃牙」「刃牙道」と

    『刃牙道』最終回…完結ッッ この終わり方は何だッ あいつじゃねェのかッッ(ネタバレあり) : なんだかおもしろい

    唐突な終わりッッ『刃牙道(バキどう)』管理人の感想です。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    『バキ道』第1話~第5話

    と、感想レビューを書きたいんだが教えてくれッッ!まだ地球にすげェ奴がいるのかッッ!?

    範馬刃牙には、過去にすげェ奴らががいやがったッッ!

    「グラップラー刃牙」ジャック・ハンマー
    「バキ」死刑囚&マホメド・アライJr.
    「範馬刃牙」オリバ、ピクル、範馬勇次郎
    「刃牙道」宮本武蔵

    ドーピングで人間を超越しちまいやがったジャァァァァァァァァァァァァァァァック!神の子と言われジュニア対決で期待されたアライさん、超筋肉のオリバは強かった…ピクルなんて、古代から復活して最強生物の範馬勇次郎以上のパワーを持つと思ってビビったもんだ。そして最強生物の範馬勇次郎とも戦った…その後は、遺伝子レベルで最凶の剣豪・宮本武蔵を復活させてバキと戦った。

    現代の生物では飽き足らず、等身大カマキリを生み出してまで戦ったバキは、気づけば過去の人物とも戦って勝利した。もう、バキを倒せる奴はいねェんじゃ…いや今なら本部さんであればバキに勝てるかもしれねェッッ!

    まあ本部はともかく、バキに勝てる奴がいるとしたら、未来からやってきたバキの子孫か、範馬勇次郎の別の息子か…。そういえば範馬勇次郎は、いろんなところで子孫繁栄させてるよみたいな空気出してた回があったよなぁ…その後出てきた範海王がぜってェ息子だと思ったのにただのアライさんの踏み台みたいにされちゃって…残念。

    とにかく、バキを倒せるのはバキと同じ遺伝子を持つものしかいねェはず…って思ったらまだいやがったッッ!

    パワー自慢現る

    20181004_213215

    出雲の宿禰ッ

    古代にパワー自慢の宿禰という奴がいたそうな。そのときに同じくパワーと蹴りの速さに自信のあった蹴速が、圧倒的に粉砕させられてしまう…これ、古代相撲なんですよね。

    …そう、バキの次なる相手は、古代相撲で大活躍した男の遺伝子を持つ男ッッ!

    バキの前に現れたのは…

    まず状況説明をさらっと。お台場でクライムイベントに徳川のじっちゃんとやってきたバキが、一瞬にしてクライムしちゃって王者に挑戦。その試合を見てたときに、突然巨大な男が現る…

    20181004_213646

    太った彦一じゃねェかッッ

    彦一め…プロレスの社長に怒られて坊主にさせられた上に道場襲撃を受けてボッコボコにされたと思ってたら、気づいたらこんなにぶくぶくに太りやがって…って違う!これは彦一じゃねェッッ!彦一レベルが相手にできるような男じゃねェッッ!

    二代目野見宿禰…とんでもねェ男が現れたもんだ。見た目だけでいえば、ジャック・ハンマーと同じくれェか…アンドレアス・リーガンくれェあるのかッ!?

    ただこの男…登れるのか!?バキがクライムできたのはもちろんパワーもあるけども、軽量クラスだからまあ登れてもなぁ…と思う。シコルスキーだって指でちょちょいと登っちゃう時代だからね。ただこの男…でけェし太ェ。登れるわけが…って3歩で登りきりやがったッッ!

    野見さんの実力とは…

    断言するが、パワーはかなりやべェ!あの巨体で軽々とクライムしちゃうんだから。だが、パワーがあったとしても果たして強いのかどうか…え?

    20181004_214335

    あのバキお得意のシャドーファイト…シャドー相撲を実演しやがったッッ!バキはちゃぶ台を観客に見せつけたが、野見さんは全員に横綱との相撲を見せつけやがったッッ!シャドーファイトの実力は少なくともバキと同じくれェ強ェ!

    野見さん、すげェ…

    野見さんの謎

    野見さんは強ェ…それはビシビシ伝わってくる。だが、伝わってくるからこそ大きな謎がある。どうしてこんなにも強ェ男が単行本100巻以上経って過去の剣豪も現れたってのに未だ現れなかったッッ!強いもの好きの徳川のじっちゃん、どうしてこの男を早く見つけ出さなかったんだッッ!…いや、口ぶりから考えると昔から知ってるかのような…だけど戦えなかった理由があるのかもしれねェ。

    野見さん…とりあえずここでリアルマジな漫画の展開のことを考えると、バキとちょろっと戦ったあと、野見さんに興味を持ったジャックとかが戦いを挑んでボコボコにされちまうところまでは予想したッッ!特にオリバはすげェ戦いたがるに違いねェ!そしてオリバがパワーで負けてマリアに泣きつくところまで予想しちまったぜェ

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年10月05日 22:09▼返信
    ゆうえんちに出て来た克己の弟説を推す
    2 おもしろい名無しさん 2018年10月06日 17:12▼返信
    「キックボクシング(ムエタイ)にも」
    「拳法にも」
    「蹶速(けはや:素早く蹴とばす)そんな名の選手は存在しない」

    前田日明のイギリス遠征時代の「クイック・キック・リー」でしたが

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)

    TODAY'S HOT TOPICS今日の人気記事